忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 記事一覧

布団クリーナーにスチームモップで新鮮生活。

「寝具は手軽に清潔を保ちたい。」「フローリングを綺麗に保ちたい。」時の味方。


こんにちは。


まもなく4月と言う訳で、今年も新年度&新生活の時期がやって参りました。 この時期はお正月以上に「何か新しいことが始まる」ことが多いので、新鮮な気分で新たな1年を迎えたいと考えている人も多いことと思います。

今回はタイトルにある様に、「ふとんクリーナー」「スチームモップ」という2点で手軽なコストと実用性を発揮しているものを見つけたのでここに掲載して参りたいと思うのですが、これらも新生活の「一人暮らし」のお供等に非常に魅力的で、是非お目通しいただければこれ幸いです。







該当のふとんクリーナーの詳細ページを確認。



上の画像にあるのが今回最初に紹介するそのものズバリなネーミングの【ふとんクリーナー】です。 毎日使う寝具だけに「汚れやすくも極力清潔さを保ちたい」というのはもちろん、1人暮らしのワンルーム等の場合はベッドや寝具は来客からも目に付き易くなりますので、そういった意味で綺麗にしていたいという場合にも活躍してくれると思います。


【特徴】
1.重さが1.65kgと軽く扱い易い。
2.PM2.5も通さないというHEPAフィルター。
3.ダストボックスは本体から外して水洗い可。
4.6000回/分の「たたき機能」でハウスダストを叩き、強力に吸引する。
5.10ワットのUVランプで除菌する機能が付いている。
6.価格が3980円(現時点)と安い。

※該当サイトでは現在「送料無料」対象の様です。
※色は「ホワイト・イエロー・ピンク・ブルー」の4色です。




参考画像:拡大OKです。


流石にこの価格で全て「完璧で最高!」という訳ではなく、実際に使用された方や購入された方の声をチェックすると「使用中の音がやや大きい」というものや、UVランプ・たたき機能は感知センサーに反応させて起動する様に出来ている様ですが、これが「最初はコツがいる。」等の声を確認しています。

ただ、「吸引力もそこそこある」「軽くて頻繁にでも使用しやすい」「安くて確り使える」クリーナーという部分では、皆さん一定以上の満足度を感じている様で、一人暮らしのお供や手軽に導入してみたい人には手頃な選択かと思います。







こちらは「フローリング」「畳」「タイル」「風呂場」等家中で使用することができる【スチームクリーナー】です。


特徴
1.洗剤は不要で除菌できる。
2.起動までの待ち時間が30秒なので、直ぐに掃除が開始できる。
3.使用しながらでも水を補給可能で、止めることなく連続運転できる。
4.価格が※6300円(現時点)と比較的安く確り使える。

※2000円代3000円代のスチームクリーナーもあるのですが、どうもその辺りは信頼性に難がある模様で、欠陥品報告も多く、この記事の一つの要点である「安くて確り使える」ということを考えるとこのラインからかと思います。




※参考画像:拡大OKです。


頭の部分がやや大きめなので収納時にかさばるなどのマイナス点もあるものの、機能としては確りとしたスチームの噴射で「こびりつき汚れ」にも有効性を発揮している様です。

掃除機をかけるだけだったり単に通常のモップをかけるだけではなかなか落とせない汚れも確り落とせるのがこうしたスチームクリーナーの魅力的な所かと思いますが、ただ【これを使うだけで完璧に綺麗に仕上がる】という訳ではありません。

今回のクリーナーについても「※スチームクリーナーをかけた後にモップ掛けや乾拭きをしてみる」等の様に、他の掃除具と組み合わせることで大きな効果を発揮してくれるという実際の使用者の声も多い様です。(※このコンビネーションで汚れがガッツリ落ちる様です。)




参考画像:拡大OK


当然「掃除機」「ホウキ」「モップ」そして「スチームクリーナー」とそれぞれで落とせる汚れ等も機能も変わって来ますので、飽くまで【他のの掃除用具と併用するもの】ということで導入をお考えになるのが宜しい様です。 「よし今日はイッチョ綺麗にしてやるか!」という時や、「週一のクリーニング用」等の要員には心強いと思います。





※その他にも該当のショップや関連等を辿ることで生活に役立つアイテムを色々と確認することができると思いますので、なにかお探しの人やチラシ情報をチェックするのが好きな人は探索してみると面白いかも知れません。



PR

冬眠期間中は家の中で遊ぼう。皆で遊べるパーティーゲーム。

退屈なハズのインドアが「遊び場」に変わる。
癖になる面白さ。



こんばんは。


考えたら今年初めての更新となった今日この頃。

1月ももう終わりですが、2月~3月とまだまだ寒い季節は続きます。 春に近づくにつれて暖かくなって来たかと思えばまた寒くなったり寒波が来てみたりというパターンもあるかも知れません。

そこで今回は「家族や友達と一緒にインドアで熱中できるパーティーゲームについていくつか掲載をして行きたいと思います。





上の写真にあるのが今回まず最初に紹介した【バウンス・オフ】というピンポン玉を使った「テーブルアクションゲーム」です。(参考価格:1373円)

カードを引いて、そのカードに書いてある通りの並びになる様に、枠の中にボールを上手く投げ入れて行きます。 枠の中に着地させる前に必ず1回はテーブルの上でバウンドする様に投げなければならないので「テクニックを磨く」という燃える要素もあり、白熱したバトルを楽しむことができるのではないかと思います。


(以下画像は全てクリックで拡大できます。)




※参考画像。
詳細ページ内では紹介動画も合わせて視聴できます。


小さいテーブル、大きいテーブル、フローリングの上など、「どこでプレイをするか」というのもあるでしょうし、勝負を熱くする為の独自ルールを組み込んでもいいでしょう。 家族団欒から大きいお友達の「家飲み」のお供まで、幅広く活用できそうです。





【その他の関連】


 
左:クラッシュアイスゲーム(¥1400 参考)
右:ペンギンパーティー(¥1500 参考)



これらも家族や親戚、遊び友達と一緒に遊ぶことができるテーブルゲームです。

今年の春の「ドラえもん」映画は【南極カチコチ大冒険】ということもあって個人的に今旬な動物がこの「ペンギン」なのですが、冬場は季節感、夏場は清涼感と1年中旬な気持ちでプレイを楽しむことができる非常に魅力的なキャラクターだと思います。







クラッシュアイスゲームの方はジェンガ等と同じ様にハラハラ感を楽しみつつ、ペンギンが落っこちない様に氷をハンマーで砕いて行きます。 崩す順番を決めるルーレット付きです。







ペンギンパーティーの方は条件に合うカードをピラミッド型に並べて行くゲームで、「カードゲームはルールが難しいから覚えるのが面倒くさい」という人でも1度やったら覚えられる簡単なものとなっている様なので、楽しそうだけで嫌煙していたという人は取り入れてみると面白いかも知れません。(2人以上でプレイ可ですが、3人以上で遊ぶのが良さそうです。)




サイモンエア(¥2627 参考)



こちらは「サイモンエア」という輪の形に「緑・赤・青・黄色」と点灯するライトが付いていて、それが光る順番(パターン)を記憶しつつその通りに手をかざして「エアタッチ」して行く記憶ゲームとなっています。

一人プレイが可能なので「いやいや、家の中では基本一人で遊びたいし」という一人の時間を大切にしたい方が取り入れるのにも向いてるかも知れません。 「最近頭をあんまり使ってないな」という場合は脳トレにも良さそうです。



 



「シングル・ダブル・スワープ・ダブルスワープ・クロスオーバー・フォーハンズ・ホールド」と数々の【エアタッチ・アクション】を成功させながらゲームを成功させていきます。

「フォーハンズ」「ホールド」は二人プレイ設定でのプレイの時のみの荒業です。 (二人協力プレイに設定すると、機械が四つの光が同時に光ったりと「ならでは」の点灯を仕掛けてきます。)

※このゲームは「バウンス・オフ」同様に詳細ページの中で動画紹介も合わせて視聴可能です。



 
Avtion バスケットボールゲーム(¥1499 参考)



この見るからに単純な作りがやり始めると何気に燃える「やみつき感」がある模様です。 これも一人でのプレイも楽しめますので、その気になれば「一人だけ選手権大会」を開くこともできますね。

「人差し指VS中指」「中指VS薬指」「左手VS右手」、場合によっては足の指選手も参加させれば、部屋に一人だけであるにも関わらず大選手団を結成可能です!寂しくありません!。

1日目は「右手選手権」、2日目は「左手選手権」、3日目は「足の指選手権」、そして4日目には4日に一度の究極の祭典「一人オリンピック」が・・(略)





※その他にも関連を辿ることで色々なゲームをチェックすることが可能です。 何かお探しの場合や、室内で遊べるパーティーゲームを生活の中に導入して見ようかという方は色々と探索してみると楽しいと思います。


リースでメリクリ気分を味わう。

ちょっとしたワンポイントですっかり聖夜を満喫。


こんばんは。


いつの間にか師走がやって来てすっかり冬本番。 年末の空気が再びやって参りました。(ついこの間に同じ様なことを書いた気がする今日この頃。)

そんな所で今回は時期ものとしてはタイミングがギリギリですが、【クリスマス】をテーマにした装飾を色々と着目をしてみました。 




上の写真にあるのが、今回最初に紹介したい「トナカイ」「サンタ」「スノーマン」の顔が並んでいるクリスマス・リースです。(参考:2480円)

近年はクリスマスにサンタクロースを夢見る子供もいなくなったという話も聞きますが、やはり特にイベントに参加するでもなくイカス恋人とのランデブーがある訳でなくても、何となくこの時期になると「メリクリ気分」というのは味わいたいもので、そんな時にこういったワンポインんとになる飾りを目に付く場所に飾るだけでかなり雰囲気を味わえそうです。




クリックで拡大。

みんな愛くるしい顔をしていて、トナカイもいい笑顔をしています。 この他に「サンタクロース&スノーマン」「トナカイ&サンタクロース」のそれぞれの組み合わせのリースも取り扱われている模様です。





【その他の関連】





リースも色々なデザインのものがありますので、選ぶのが迷ってしまいそうですが、一つお気に入りを持っていれば来年以降もシーズンに合わせて飾ってみたりと繰り返し活用することもできるのがいいですね。 ツリーと合わせるとそれだけでクリスマス装飾は万全です。



 
※かわいい サンタ人形 トナカイ ツリーセット。(参考:999円)


人形の大きさは5×4×4(㎝)くらいなので棚の上や玄関等に軽く飾っておくのにピッタリですね。 ディスクワークがある方はそちらの机の上に置いておくのもChristmas気分を味わうには良さそうです。




※40×15㎝のプレゼント入れ ソックス ブーツ ギフトバッグ(参考:1399円)


イヴの夜の「聖なる不法侵入者」として有名なサンタさんに「ここにプレゼントを入れておいて」と知らせるものとして「靴下やブーツ」がお馴染みですが、上のものは大きさもそれなりにあるので実際にお子さんのプレゼント入れとして使うのもいいですし、装飾として飾っておくにも非常にお洒落です。セットではなく「サンタ」「トナカイ」「スノーマン」とそれぞれ単独販売となっています。




45㎝ 卓上クリスマスツリー(参考:1680円)

やはりクリスマス装飾の定番としてはこの【クリスマスツリー】ですね。 子供の頃にクリスマスが近づくと物置から取り出して来て飾り付けをしていたのが思い出されます。 上の写真にあるものはLEDライト30個のオーナメント(飾り)が付いているので、他に飾りを揃える必要なくこれだけで確り飾れます。

「大きなツリーは流石に大げさだな」という場合にこの位のサイズのものは手間もかからず丁度いいのではないでしょうか。





※その他にも関連を辿ることでクリスマス関連のグッズを確認することもできるかと思います。 また、クリスマスはもうギリギリですが、今の時期は正月の装飾冬の置物・インテリア等についてもチェックして見ると面白いかも知れません。



カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析