忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 記事一覧

天然オレンジパワーが頭皮を洗う。リンス不要のアミノ酸系シャンプー。

ペッタンコで細くなった髪。
気になる頭皮の臭いやベタつきをシャンプー1本で改善。



こんばんは。


今年も秋・冬の抜け毛のシーズンがやって参りました。

夏は黙っていても汗がでれば頭皮もベタベタになるので自然とケアも熱心になれるというものですが、ついつい涼しく快適なシーズンになると薄毛対策も疎かになりがちになってしまうという方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、「育毛」を考えた場合には【スッキリとした頭皮環境を維持する】ということが非常に重要なことでありますので、年間を通して継続した「日々のシャンプー(洗髪)によるケア」というものが薄毛の改善に必要不可欠な要素となって来るものと思われます。



オレンジシャンプー詳細へ
(※オレンジシャンプー詳細ページへのリンク画像です。)



上の写真にあるものが今回着目させて頂く【オレンジシャンプー】という「アミノ酸系」のシャンプーなのですが、この度通常に取り扱われている商品よりも小ぶりなサイズで提供されている【お試しコース】が実施されてい様で、非常に試し易い設定となっているので、この際に参考にして頂けたら幸いに思います。



【参考:今回のお試し内容】

通常の取り扱いのオレンジシャンプー(300ml・2268円)
→※今回のトライアルサイズ150ml×2・1380円【一世帯一回のみ・送料無料】

※現在1月31までの期間限定でトライアルサイズを購入すると「+もう一本」が付いてくるサービスが行われているので、実質通常サイズ「300ml」と同じ分のオレンジシャンプーを「1380円」という安値価格でゲットすることが出来るようになっています。



【アミノ酸系のシャンプーの特徴】

1.強力な洗浄力を求めるあまりに肌に過剰な刺激を与えてしまう通常のシャンプーとは違い、髪や頭皮を傷めない控えめな洗浄力。それでありながら十分なケアができるパフォーマンスにまとめられている。

2.肌と同じ弱酸性なので「中和」の役割を担う※リンスを必要としない。特にこのリンスというものは薄毛予防をする際には極力使いたくない存在であるものの、通常シャンプーによる髪の傷み等を防ぐ為に使用をや止む無くされている場合も多いので、非常に大きなアミノ系シャンプーの長所と言えると思います。







「オレンジシャンプー」の場合は【頭皮を柔軟にする】という柑橘系成分の「リモネン」を特徴にアミノ酸系シャンプーでありながらかなり確りとした洗浄力を発揮し、【根本に詰まった皮脂や汚れをしっかりと取り除く】というのがポイントとなっているのですが、この「頭皮の皮脂の排除」というと【余り皮脂を取り除き過ぎると、その後の皮脂の過剰分泌に繋がってよくないのでは?】【皮脂はある程度必要なので根こそぎ取ってしまうのはよくないのでは?】という心配を浮かべる人もいらっしゃることと思います。


この辺りは使用後の観察が必要な部分で、当然使ってみて余り人によって「自分には合わない」ということも起こり得ることでしょう。それだけに今回のような「お試しコース」は試しに使用してみるには丁度いいですし、2本も使用すれば十分に自分に合うか合わないか位は経過をうかがうこともできますからね。


ただ、上記の皮脂の件にしても洗髪後にすぐに皮脂の分泌で「ギトギト」になってしまうような状況でもなければ然程問題ないというのがこのブログの見解で、分泌された皮脂が悪質化するには数日の期間がある為に毎日のケアをしていれば基本大丈夫ですし、皮脂に詰まった汚れや頭皮に残った古い角質が過酸化状態に陥るリスクを考えると頭皮の汚れは確り落とした方が宜しいのではないかと思います。


その点オレンジシャンプーの場合は丁度いい具合に「天然成分主体で頭皮や髪を傷つけず、それでいて確り汚れを落とす」という、シャンプーに求められる絶妙なラインで頭皮ケアができるものとしてオススメされている訳です。




※クリックで拡大可能です。



また、更におまけとして【2日間分のサンプル】と乾燥に効果ありとする【天然100%ヘアオイル】がついて来るので、その辺りもお試しの再は活用されるのがいいのではないかと思います。そして今回のトライアルコースは一律「メール便」で送られてくる為、「配送日の指定」「代金引換」「他の商品の同梱」等が出来ないので、そこの部分は注意して下さい。





※その他該当のページへ移動すると公式の説明を閲覧することが出来ますので、薄毛対策/予防/育毛活動に取り入れてみようかという方はそちらの方にも目を通してみて下さい。


【アミノ酸系シャンプーについての記事】
S-1 無添加シャンプーについて
INZシャンプーについて







PR

鮮やかに色づく秋の景色を組み立てよう。

いつも季節になって思い出す紅葉の美しさを味わうジグソー。

秋晴れと再生に向かう自然の美。


こんばんは。

夏も終わり、9月もそこそこまで来て最近は秋の雰囲気も少しずつ出て来た感のある今日この頃。夏は長期休み等はもちろん非常ににぎやかで華やかな分過ぎ去ると何となく哀愁が漂ってしまう部分もあると思うのですが、秋も非常に味わい深い特徴的な風情の多い季節なので、確りと楽しみたい所です。

そんな処で今回は、毎年の如く取り上げさせて頂いている【紅葉】を楽しむ風景パズルについて色々と見てみたので、掲載して行きたいと思います。






(「風景・紅葉」パズルのラインナップページへのリンク画像です。)

上の絵柄は「富士と秋晴れの湖畔」(49㎝×37㎝・1937円)という絵柄の1000ピースパズルのものですが、富士は日本を代表する山として春夏秋冬の絵柄が用意されていたりするので、取り敢えずパズルを嗜む場合の最初のコレクションとしても申し分のない絵柄なのではないかと思います。

1000ピースというサイズは絵柄にもよりますが初心者でも「ガッツリパズルに挑戦したい時」や「何人かで協力して組み立てる」場合などに丁度いい大きさで、完成後は来年以降も毎年飾って季節の気分を満喫できます。





【その他の関連】


(以下の画像は全てクリックで拡大可)



左:秋に染まる竜頭の滝 1000P(¥2086)
右:紅葉と箱根登山電車 1000P(¥1620)

飽きはやはり木々の季節なので山間の風景が非常に綺麗ですね。「竜頭の滝」の方は2016ピース版もあるようなので、上級者の人はそちらに挑戦してみるのも面白いかも知れません。

秋の気分を感じつつピースを少しずつ組み立てて行くと、完成した時の達成感と季節の満喫感というものもひとしおだと思います。




左:金色の銀杏並木 450P(¥894)
右:黄金色の散歩道 1000P(¥1863)

木漏れ日が綺麗なイラスト調の強い絵柄ですが、秋の並木の穏やかさがよく表れている絵柄だと思います。秋になったら一度はこういう道を歩いておかないと冬を迎えることは出来ませんね。




左:高台寺庭園 1000P(¥1863)
右:秋夜の清水寺 450P(¥894)

寺や神社などは日本の伝統建築美を味わうのにピッタリの風景だと思うのですが、天然の自然のものをふんだんに利用した建築物である為か、それとも独特の屋根等の曲線形状がそうさせるのか、大自然との調和が非常にナチュラルで一体化されているので、秋の紅葉は勿論どの季節の絵柄のものでもとても画になります。




左:秋の白川郷 450P(¥894)
右:秋深まる兼六園 1000P(¥1863)

また、富士と同じように「白川郷」「兼六園」のような名所は四季それぞれの絵柄がリリースされる傾向があるので、お気に入りの場所がある場合はまずはそこからパズルに挑戦して見るととても面白いのではないかと思います。





※また「ジグソークラブ」では、その他の季節や名所の風景パズルはもちろん、総合的なジャンルの絵柄のものや制作補助用品・パネル・関連する玩具等も色々と確認することが出来るので、何かお探しの人やジグソーパズルを始めてみようと考えている人は探索してみると非常に面白いと思います。(各パズルのページ内ではクリック一つでピッタリのサイズのパネルを一覧表示する便利機能も利用でき、初めてでもスムーズに選びやすくなっています。)


【芸術の秋をテーマにした記事】
芸術に触れる秋。名画ジグソー。


ラジオ聞きながらマッタリと過ごすインドアな夏。

真夏の寝苦しい夜に始める新たな嗜み。


こんばんは。


8月に突入で夏休みシーズン真っ盛りですが、毎日のように日中はチクチクヒリヒリと体に刺さるような暑さ、夜になればまとわりつくようなジメジメとした暑苦しさが続いていますが、そんな中でもアウトドアに観光にと活発に活動したくなるのがこの時期だと思います。

しかしとはいっても方や実際はエアコンの効いた部屋でのんびり過ごしたいのも正直なところで、今回の記事ではそういった「インドアで始める新たな趣味」ということで【大正・昭和レトロな雰囲気のラジオ】について色々と見てみたのでそのことについて掲載をして行こうと思います。


特に手元で何か他の趣味や作業をしながら楽しむメディアとして「ラジオ」というのは非常に魅力的で、普段テレビやネットオンリーな人には新鮮な娯楽として夏の探究心とアクセントを生活に与えてくれるかも知れません。





上の写真に載っているのが、今回最初に紹介する「スターリング 木製クラシックラジオ【昭和モダン】」というラジオで、まるでつけると昭和のラジオ放送が聞こえて来そうなノスタルジックなデザインとなっているのが特徴で、ただのインテリア用のアンティークというだけでなく確りとラジオ(AM/FM)を視聴することが可能です。(¥7000 参考)

見た目だけでなく実用性を兼ね備えていてレビューにもチューニングも大体で簡単に行うことができて操作も簡単なので、高齢の方へのギフトにも非常にピッタリという声もあるようで、今回はこういった「アンティーク調」のデザインのラジオについて取り上げて参ります。


(以下の画像は全てクリックで拡大表示可)


 
上段:スターリング 木製クラシックラジオ【大正ロマン】(¥7000 参考)
下段:WINTECH クラシックホームラジオ (¥9800 参考)

上段はのものは上に最初に紹介したラジオと同ブランドのラジオのようですが、更にレトロの「大正」をテーマにしたラジオとなっている模様です。下のラジオもかなり昭和ティックな佇まいをしていますが、よく見ると何だか現代デザインとしてみてもスタイリッシュにお洒落な雰囲気にも見えてきます。



 
左:スターリング 木製クラシックラジオ&電波時計(¥9257 参考)
右:KOHKA アンティークラジオ アンティークラジオ (¥2980 参考)

左のものは同じくスターリングのラジオ+電波時計ということで液晶プレートがついているナウい作りとなっています。右側のものは「昔の近未来的デザイン」という感じでしょうか。使わずに飾っているだけでもいいインテリアになってくれそうな面白い形状をしています。





左上:Radiomarelli Vertumno II (1934年. イタリア)(¥1980 参考)
右上:Bluetoothスピーカー&AM/FMラジオ(¥23256 参考)
左下:レトロ1フルレンジスピーカー・AM/FM(¥14316 参考)
右下:Allocchio Bacchini 53 (1933年. イタリア) (¥2160 参考)

どれも映画やドラマの小道具にも十分使えそうなレトロ感を発揮しているように思いますが、この佇まいだとどうしても番組も昔のものを聴いてみたくなってしまいますね。




上:JukeBox CDプレーヤー(¥27540 参考)
左下: AM/FM 木目調ラジオオーディオコム (¥2399 参考)
右下:AM/FM 書斎ラジオ (¥5270 参考)

上のJukeBoxCDプレイヤーになっていて何やら煌びやかで楽しげですが、AM/FMラジオ機能もついています。下の段の二つは他のものと比較すると急に近代化した感がありますが、言ってもやはりよく見ると昭和っぽいですし、絶妙なラインのラジオだと思います。



 
大人の科学 真空管ラジオ(¥11980 参考)

1920年代の頃を再現したというもので、30年以上前の真空管を使用した【組み立てキットラジオ】ということっで昔の材料を使って昔の技術でラジオを聴くという何だか「夏の工作」気分も味わえて一石二鳥なラジオとなっているようです。形状もかなり芸術的なので、インテリア要員としても抜群ですし、人がみたら「これは何?」と絶対目を止めて貰えそうな素晴らしいアクセントになってくれそうです。





※その他にも、関連を辿ることで様々なレトロ調のラジオを始め色々な関連アイテムについてもチェックすることが可能だと思いますので、何かお探しの人はラジオを聴き始めて見ようかという人は色々と探索してみるとまた面白いのではないかと思います。



カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析