忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 雑記帳

灯りの灯るどこか懐かしいミニ木造建築模型。

建物からこぼれる温かな光で冬の寒さを凌ぐ


こんばんは。


気づけば新年も開けて二十日が過ぎ、テレビの新春企画も出尽くした感のある今日この頃ですが、暖冬と言われてはいても最近は寒波等もやってくる様になり冬の季節はますます深まって来た感が致します。

毎年このブログではこの時期になるとどうしても「コタツに入りつつマッタリして楽しめる趣味」というものが気になってしまう所で、今回もそういったテーマのもと、難易度が低く初心者でも楽しんで取り組める【ミニ木造建築模型】について色々と注目してみました。


【チェック】
・この記事で掲載させて頂く模型は組立式で、「木工ボンド」「カッター」「色付け様の茶色い絵の具や塗料」が必要であると指摘されています。
・サイズは大体10cm~15cmの寸法となっているので、手元に乗る程度の棚に飾って並べるには適した大きさの模型です。(※3000円台程度の価格帯。ただし法隆寺等の番外で紹介しているものはもっと大型です。)



上の写真に載っているのが今回まず最初に紹介している「ミニ木製建築模型 あかりシリーズ No.4 【カタコト水車小屋】という木製のミニ模型なのですが、「藁葺き屋根」「木の水車」が趣きがあって非常に深い味わいを感じます。こんな小屋に灯りが灯っていると、中でいったい何をやってるのかなとつい気になって妄想してしまうところです。

ピース数はわずか15で、初心者がまず取り組むのにオススメされることも多いタイプの模型となっているので、冬のインドアシーズンにふと嗜んで見るにも最適な模型かと思います。





【その他の関連】


(※以下画像類は全てクリックで拡大出来ます。)


 
木製 灯シリーズ
ログハウス/カナディアンハウス/冬の合掌造り


海外式である「ログハウス」「カナディアンハウス」等も自然と一体となっている様な木造建築故に通ずるものがあるのかどこか懐かしさを感じる所で、これらも木製パーツでクオリティを楽しみながら作って飾ることが可能となっています。

「冬の合掌造り」などはどんどん※兎が美味しい感じの「かの山の空気」になってしまいますね。

※正確には「うさぎ追いし」




木製ミニ建築シリーズ
旅籠/里の茶屋


いやぁ、これも兎が美味しいですね。これらは「灯り」系の模型ではないですが、こういった通常の木製模型もラインナップされています。「里の茶屋」などは懐かしいどころか個人的に「浪人(侍)ごっこ」したくなって来ます。こういった模型は流行りや飽きが来るものでもないので仕上げたらずっと飾って楽しめるのもいいと思います。少しずつ集めてコレクションするのも乙なものですね。






【番外関連】


 
1/150スケール
法隆寺五重塔/宇治平等院鳳凰堂


上に掲載して来たものとはややジャンルが違いますが、これらの華やかな寺や伝統建築に関する木製模型もあるようで「宇治平等院 鳳凰堂」の方でいうと全長が36cm程もある様なので、完成させたら置物インテリアとして凄い存在感を発揮すると思います。(参考:五重塔/7207円・鳳凰堂/5030円)

また、こちらはキット以外に 【デザインナイフ、ピンセット、木工ボンド、木工用アロンアルフア、定規、エンピツ、塗料】などが必要となるやや組立が本格的なので、経験者や他のプラモデルなどの模型を嗜んだことがある人の方が組立がスムーズかも知れません。



 
1/150 神明造り 神社


これまた渋いですね。神社の社殿もそうなのですが、この模型は鳥居などの敷地もまるまる模型になっているので、サイズが【全長 690mm。全幅 225mm。全高 571mm】とかなり大型の模型となっています。ここまでくると飾りとしてもそうですが、実際に「毎日拝む神棚」として使うのもなんとなく縁起がいいような気がしてくるところであります。





※その他にも関連を辿ることで色々な木製模型や、関連のグッズについて確認することができるので、好みの人や何か冬のコタツの上で手元で遊べるものをお探しの人は色々とチェックしてみると面白いかも知れません。


PR

15分のトレーニングと生活習慣の改善で低体温を改善。

近年日本では35℃台の低い体温の人が増えている。


低体温改善法


こんにちは。


最近テレビのコマーシャルなどでも見かけた記憶がありますが、「低体温」というのが現代社会においての一つ大きな問題になっているようです。 何だか朝が億劫でやる気がでなかったり、集中力も続かないなど、かなり日常生活に影響の出るような症状にお悩みの方も多いのだとか。 最近はだんだん暑くなって着々と夏に近づいていますが、【夏なのに指先が冷たい】という方もこれの疑いがあります。


 


人間の体温の平熱というと【36.5℃】というのが王道的な目安だと思いますが、実はこれは「人間が健康状態を維持するのに必要な体温のボーダーライン」ということで、これよりも低いと程度によって色々なマイナス症状が体に現れてくることになり、特に35℃台の人は注意が必要です。

というのも、低体温の症状としては「肩がこりやすくて」とか「めまいがする」などという声が聞かれますが、それだけでなく免疫力やストレスなどに対する耐性が減少してしまい様々な病気にかかる恐れが高まるということなのです。 なんでもガン患者のほとんどが35℃台というデータもどこかで目にしたことがありますので、体温が低いということは簡単には無視できません。




  

「低体温を改善」自律神経を整えて本来の体温36.8℃の理想的な体を復活させる


※上の画像に載っているのが今回紹介している低体温改善を目指したマニュアルとなっていますが、利用する場合は冊子配送版だと追加でコストがかかるようなので、PDFファイル版で利用する方がよさそうです。


 

上の画像の流が改善の主なルーティーンになっているようで、実際気を付けるべき点は細かくあるものの、「本編71ページ」と非常にシンプルな情報にまとまっていることには間違いありません。 更にこのマニュアル内容は継続することが必要になって来る為【3日坊主】になることを予防するための「30日間コンプリートプログラム」というものが付いてきます。 これにより日めくり式に【その日に何をすべきか】が明白となり、低体温改善に向けてのサポートを行ってくれます。




サポート/特典

1.全額返金保証付き
2.感想などのメールを送ることで3000円キャッシュバック
3.取り組み方がよく分かるコンプリートプログラム(30日間)が付いて来ます。



マニュアル内容

基礎体温チェック/ストレスリセット法/成長ホルモン分泌促進法/セロトニンの効果的な増やし方/低体温のメカニズム/熱生産性に優れた質のより筋肉の作り方/血流を改善する/睡眠の間にダイエット/体内から温める内臓ストレッチ/脳波をα波にする方法 等々 健康的な体温の範囲は本来は36.5℃から37.1℃までの間ということで、これは36.7/8℃程度で安定することを目指しているものの様です。




公式キャラクターフィギュアや記念銀貨でソチ五輪を祝福しよう。

視聴者として参加した記憶の残す記念グッズ。


公式マスコット「レパード」
&フィギュアスケート柄記念銀貨。


こんにちは。

連日熱い戦いが続くソチ五輪ですが、「今日はメダルが来るだろう!」と思って勝手に頭の中では確定して見ていていても、競技が始まれば流石五輪ということで、なかなかどの選手にとっても厳しい戦いになっているのが感じられます。

そんな中で昨晩はスノーボードハーフパイプで待ちに待ったメダルを獲得したということで、ようやっと観る方としても一気に気分もスカッとするような喜びを味あわせて頂きました。 「平野、平岡」両選手には心より祝福を申し上げたいと思います。 自分も昨晩はライブで観戦させて頂いていたのですが、本当に年が重なるごとに着々と進化を続けているスポーツだけにオリンピックも毎回新鮮に見れて楽しい競技ですね。

そのように、これからもワクワクするよう競技が待っている今回のオリンピックなのですが、そんな中でこの記事では「ソチ五輪グッズ」の方がどのような感じになっているのかちょっと気になったので色々と見て見ると、やはり非常に惹きつけられるような記念アイテムが色々と出ているようです。




上の写真のものは2014ソチ五輪の公式マスコットの【レパード】という豹の姿をしたキャラクターフィギュアになっていますね。(これは日本国内販売ではなくオリンピック正規品をアメリカから取り寄せてる形になっているようなので、手元に届くのに2~3週間かかるということのようです。)

 
しかし、五輪というのは各々の大会が「1度きり」といってもいいくらいの貴重な祭典ですから、こういうグッズを記念にするのも乙なものかも知れません。




※クリックで拡大可

また、この「レパード」グッズとしては上のような【ぬいぐるみ】もあるようです。 (ただし、この記事を作成時には品切れ状態で仕入れの目処も立たずと、やはり人気は半端じゃないようですね。)

ニンマリとダイナミックな笑顔が何となくロシアらしい感じも受けますが、色んな角度からみてもいい具合に豪快な微笑みを向けてくれる様で、何だか見ているとテンションが上がる感じがします。




※クリックで拡大可

そして記念というとやはり定番なのは「記念コイン」でしょうか。

上の写真のものはフィギュアスケートの絵柄が入った人気デザインの銀貨(3ルーブル銀貨)で、後ろにはロシアの国章にもなっている「双頭の黄金鷲」「騎士の盾」が描かれています。 コイン系のグッズはメダルと形状が同じなのでオリンピック感もあってコレクションで飾って置くにもよさそうですね。




※その他にもバッジ競技雑誌や、あるいは前回のにも紹介したようなゲーム等、オリンピックやロシアに関するグッズなどは他にも色々とあるので、ソチ五輪の記念が欲しいという人は色々関連を辿ってチェックしてみると面白そうです。 また引き続き大会の方では日本選手に活躍に期待して観戦させて頂こうと思います。





カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析