忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 安眠サポート

「いびき」を解消して自分もパートナーもスッキリ。

なかなか防げない睡眠時の獣を鎮める。

いびきをスッキリなくす方法


こんにちは。


6月も中盤に差し掛かって来ましたが、まもなくFIFAワールドカップ2014ブラジル大会が開催されることもあって、人によっては睡眠のサイクルやバランスを崩したりという方もいらっしゃるかも知れませんが、今回の記事では【睡眠】についてのテーマで更新を行っていこうと思います。

最近は気候が色々と変化する時期なこともあってか、自分自身なんだか眠りが浅くなったり、夢ばかりみてちょくちょく目が覚めるような睡眠が細切れになった状態になることがあったのですが、そういった時は決まって【次の日の日中が猛烈に眠かったりぼんやり気味になってしまう】という嫌な状況になったこともあり、いかに睡眠の【質】というものが大切であるのかという実感する機会がありました。

それでウチは家系的に父親と母方の祖母とがかなりアグレッシブな「いびき」をかく人で、もしかしたら「自分も知らずにいびきをかくようになって眠りが浅くなっているのかもしれない」などと思って色々と見て回っていた所、気になるものがあったので、ここで掲載させて頂こうと思います。




 

いびきをかく人は「睡眠が浅く、慢性的な睡眠不足に陥りやすい」というのはテレビなどでも昔から言われていますが、よく聞く対処法といえば【横を向いて眠ると良い】というものが多いですね。 ただ少し考えると分かりますが、人は寝ている間に何度も「寝返り」を繰り返す訳なので、寝入りの姿勢だけ横向きにしてもすぐにひっくり返ってしまうという問題がありますし、【横向きをキープする為に寝返りをしないように固定する】等という体の歪みや酷いコリや頭痛などを起こす危険もありますし、それはそれで深刻な問題に繋がってしまう恐れが強そうです。

ただ、黙っていると【睡眠時無呼吸症候群】を引き起こすリスクや、そこから不整脈、狭心症・心筋梗塞などの体の異常や疾患を引き起こすとも言われているのが怖い所ですね。

また、就寝時における周囲への【騒音】の問題ももちろんありますね。 パートナーがいる方はこの問題が原因で「ベッドを分ける」ハメになるという悲しい話もあったり、詳細ページの方では低空飛行の「ジェット機並み」の騒音破壊力のあるイギリス人女性の話が掲載されているようですが、自分も実際に素晴らしい音色と変幻自在な感じの「父親のいびき」を聞かされて育った所があるのでうるさいのは確かだと思います。




「いびきをスッキリなくす方法」
(※クリックで詳細ページへ移動します。)


上の画像に載っているものが今回紹介している「いびきをスッキリなくす方法」といういびき対策マニュアルなのですが、正直に2980円という手頃な値段にまず目を引かれるものがあります。 いびきの治療を医院などで受けていると症状が手ごわい場合は「手術」をすすめられることも多く、その費用とは比べ物にならない低コストなのも確かだと思います。



マニュアルの内容
※一部紹介されている内容です。

1.いびきを引き起こす14の原因
2.いびきが体に与える深刻な10の弊害
3.いびきがメンタルに与える弊害
4.相性の悪い「いびき」と「手術」その失敗率
5.手術別リスクマトリックス
6.手術をせずに治療する3つのメリット
7.いびきを解消する7つの治療法の全貌を公開

このマニュアルでは余り手術はおすすめされないようですが、確かに自分の母方の祖母も手術を受けても思う様に改善されなかったので、この辺りの判断は慎重に行うべきなのかも知れません。


60日間の返金保証
低価格ながら現代の商品としては一般的な「全額返金保証」も対応しているようですが、このマニュアルの内容は短時間にピタッと改善させるというものではないので、ある程度長期間の保証を用いているようです。 確りと実践した上で効果がでなかった場合はメールで返金要請が可能なようです。




PR

敏感肌を優しく包む、肌触りと着心地のいいパジャマ

しっとりと、冬の乾燥肌対策にも有効。

超保湿コラーゲンパジャマ
「夜肌の気持ち」


こんにちは。


最近はかなり冷え込むことも多くなっていて「暖房を使い始めた」という方もいらっしゃることと思うのですが、気づけば11月も後半で時期的にみてもそろそろ冬の空気がまして来た感じは致します。

更に寒さだけではなく、この季節に気になるのは【乾燥肌】ということで、このブログでも冬の季節のテーマとして取り上げさせて貰っているのですが、やはり「洗った顔がすぐカサカサになっていたり」「乾燥肌で体のあちこちに痒みが生じたり」というようなことが実感として現れる季節がやって来たということですね。

そんな所で今回は「敏感な夜/就寝時の肌対策」ということで、「保湿性/快適性に優れている」パジャマについての紹介をさせて頂こうと思います。





(「夜肌の気持ち」詳細ページへのリンクバナーです)


上の画像に載っているパジャマが今回紹介している「夜肌の気持ち」というパジャマなのですが、特徴的なのは実感として「非常に肌触りがいい」「軽くてリラックスできる」といった【着心地】の良さという部分での評価が多く、1年中快適に愛用出来る作りを実現しているパジャマだと思います。



【主な特徴】
1.「ダブルモイスト加工」により乾燥対策
2.「二重ガーゼ素材」で摩擦による肌荒れを防止
3.「超消臭YK加工」でニオイを防ぐ
4.「夏涼しく、冬暖か」でオールシーズン対応。





※参考画像(クリックで拡大して確認出来ます)


まず上にも書いた「ダブルモイスト加工」というのは天然成分コラーゲンを「繊維加工用軟材」として使用した【コラーゲン加工】と、水の分子を細かくした特殊加工素材を用いた【分子水エネルギー加工】の二つを合わせた特殊な加工技術です。

これはコラーゲンの優れた水分保持力で肌の潤いを逃がさず、しっとりと滑らかな肌触りを生み出し、また水分子の特殊加工によって肌の乾燥を防ぐと共に、一定の水分量を保持することで肌にかかる摩擦も軽減されるという「乾燥肌」に対して多角度的な対策を行うことを可能にしたものということであります。




 
※参考画像(クリック拡大可)


「人は眠りにつくと体温が下がり、同時に安眠を保つ為に熱を出して発汗する」という2面的な性質を考え、このパジャマは【吸湿性】【放湿性】に優れたガーゼを2重構造を使って効果と快適さを向上させています。

また、こういった着心地や快適性にこだわることで、就寝時の寝返り等によるストレスも軽減し、【確りとしたリラックス状態】を保つことも、安眠を守る上では重要なことですね。

その他にも、「超消臭YK加工」やポケット/ゴム穴加工などの実用性を充実させる細なこだわりは、高品質の日本国産製品らしく、職人さんが一着一着丁寧に作っているとい部分でも、パジャマのデザインはシンプルながら、かなりゴージャスなパジャマなのではないかと感じる所であります。





この記事で掲載させて頂いたパジャマにしても、個人的に【薄くて羽のように軽いのに、暖かい】といった様な近年の加工技術力の発展の凄さというものを感じている所であります。

これは去年の冬に投稿した「スペース暖シート」というNASA用に開発した技術を使ったシートにも通ずるものがあるので、防寒対策としてお考えの方はそちらも合わせてチェックして見ると面白いかも知れません。



関連記事
スペース暖シート(プレミアム) NASA仕様の技術力!

上:-10℃の環境下で23度の体感を得ることが出来るという超ハイテクシート。
冬の防寒/寝具としてだけでなく、防災用の避難具として備えておくと心強いと思います。




寝てる間の首こり、肩こりに対策しよう。

正しい体のラインをキープして、寝ている間に骨格を矯正する。

骨格矯正枕 Pro

こんにちは。

前回の記事と関連する部分もあるのですが、今回は【睡眠時に起こる肩こり・首こり】といったものについての更新を行なって行きたいと思います。

といっても、寝ている間の姿勢というのは当然自分でも無意識のうちにとってしまっている部分が多いので、なかなか注意しようにもどうにもならなかったりしますね。

それで朝おきたらいきなり首や肩が固まって重かったりそれが原因で頭痛が起きたりというので辛いという方も少なくないと思います。

または、旅先などで「枕が合わなくて眠れない」という方もいたりすると思いますが、これもやはり寝ている間の姿勢が上手くとれないことから生じる不快感などが原因と言えるでしょう。

そういったところで、今回は確りと寝ている間の体を背中から首、肩、頭と「点の支えではなく面で支えてくれる枕」ということで、【骨格矯正枕Pro】という枕について掲載したいと思います。






(こちらが骨格矯正枕Proの該当ページへのバナーリンクになっています。)

まず、肩こりや首のこりが発生した場合に、多くの人は寝るときに【こっている部分を支えようと頑張る】と思いますが、これがなかなか難しくて、タオルや毛布などを枕と背中の間の隙間に押し込んで見ては、加減を間違えて逆効果になってしまったりというのは、もはやアルアルの出来事だと思います。

私もそれは同じです。

やはり正しく体を支えるには、確りと正しい体のラインに自然にフィットする支えを用意して、骨格を全体的にサポートする仕組みというのが重要になって来ます。


img03.jpg

従来の極普通の枕では、上の画像の左側のように、「背中から頭までの首の部分が宙に浮いてしまう」という問題点については既に多くの方が実生活の中で感じている問題だと思いますが、この「骨格矯正枕Pro」はその負荷ポイントをできる限り自然に、安定的に支えてくれるように作られているのが特徴です。

また、特に注目なのは、ただ単に基本形状に頼るのではなく、「低反発衝撃吸収フォーム」であるウレタンフォームを使用して、使用する人の体の特徴に合わせてフィットするラインを形成してくれるので、【枕が利用者の体に合わせてサポートしてくれる】という頼もしい性質を持っているところでしょう。


moderumakura.jpg

ただ単に「寝ている体勢にフィットするように」といっても、人の体は【寝返り】などで動く訳なので、そういった体勢が変わった時に応用的に対応できる枕でなければ殆ど意味がありませんが、「骨格矯正枕Pro」のように体のラインに合わせてくれる土台を用意することで、寝入りから目覚めまでの間を継続的にサポートしてくれます。

そして、もう一つポイントなのは、本来寝る時の姿勢は仰向けがベストなのですが、「どうしても横向き寝じゃないと寝つけない」という方もいらっしゃることかと思います。
そういった方にもしっかりとしたサポートをしてくれる「横向き寝用のサポートクッション」も付いてくるということです。



二つの枕が中に組み込まれていて、こちらも背中から肩、首、頭と面の安定を補助してくれます。

それと、「こり」ということでお悩みの場合は、大概は「首のこりは肩から」「肩のこりは腰から」「腰のこりは骨盤から」というように、体の下の方からの骨格の歪みが全体に広がっていることが多いので、そういった意味では、前回の記事にもある「骨盤矯正効果」のあるクッションも合わせて参考にして頂ければと思います。



※リンクから該当のページを覗くと、更に詳しく公式な説明を閲覧することが出来ます。
興味のある方は是非チェックしてみて下さい。


※2.参考程度に【よい姿勢をキープするコツ】を一つご紹介しますと、左手にコインやライター等の小さなものを持って握って見て下さい。無意識に背筋がクイッと伸びるのを感じると思います。
人間の体は「左手を握ると自然に姿勢が伸びる」という性質があるみたいなので、明らかに丸まった姿勢が原因で肩コリなどを発症しているという場合などに、左手に小さなものを持って握っておくと、早期回復の助けとなるかも知れません。




        
  • 1
  • 2

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析