忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 美容

「手作りバスボール」で冬のバスタイムを楽しむ。

冷える夜の極楽時間を更に満喫。

バスボムメーカー


こんにちは。

すっかり空気が冬になって、そろそろ暖房も欠かせないシーズンに突入して来た今日この頃。 大概毎年のようにこの季節になって「寒いのってこんなに辛いんだっけ?」と夏の暑さ同様に思い出す所なのですが、この季節に一つの私服の時間を与えてくれるのが上でも書いたような【入浴時間】となってくるのではないかと思います。 (以前にも同じことを言った感で凄まじいデジャブを感じています。)

このブログもダラダラとただ長い期間維持しているだけあって内容が時期毎のルーティーン化して来た感もありますが、やはりこの時期はゆっくりお湯に浸かるというのは至福の時間ですし、入浴剤やバスボム等を試してみるのも楽しそうです。





上の写真に載っているのは【バスボム】という入浴時に楽しむことができるバスボール状に丸められた入浴剤で、お湯にいれると泡がシュワ~となって広がるタイプのアレですね。 今回初めに掲載している「バスボムメーカー」ではこれを自分で手作りできるというバスボール好きに非常に人気のあるマッシーンとなっているようです。 (爆発的人気から価格が8000円前後とやや高騰しています。)




※クリックで拡大可能です。


上の写真のまるでドラえもんが「バスゥボムぅメぇ~カぁ~♪」(声:大山さん)と言ってポケットから取り出して来そうなマシーンが例のメーカーです。

これは※重曹とクエン酸を用いてオリジナルのバスボムを制作しようというものですが、やや始めは水を混ぜ合わせる過程などにコツをつかむ必要があるようで、上手に作る為にはいくつかお試しで材料を消費する覚悟が必要となるかも知れません。 (※重曹/クエン酸は最初に購入者特典てして付いてくるという情報もありますが、別売の消耗品です。)

ただ、該当のページのレビューにもかなり詳しくレビュー等で解説してくれている人もいるので、それらを参考にしながら挑戦してみるのもチャレンジ精神をくすぐる部分もあって楽しいのではないかと思います。 慣れてくると非常に上手に作れるようになるということで、自分のお気に入りの香りなどもミックスしたりして「お手製バスボム」の開発を遊べるのはまさに大人が楽しめる玩具ですね。






【その他の関連】




美人の泉 絹肌プレミアム


新規で色々探すのもいいのですが、この過去にこのブログでも魅力的な入浴剤についての記事を掲載させて頂いているので、好みの方はそちらの方の商品についてもチェックしてみると面白いのではないかと思います。

上の入浴剤はタンパク質分解酵素の「パパイン酵素」「パンクレアチン酵素」をW配合した炭酸水素ナトリウムを基盤にした入浴剤ということで、継続して入浴することで古い角質を分解して「つるつる肌」を目指そうというものです。



詳細記事へ移動
浸かるだけで、全身の角質ケアをする入浴剤






DR(ドクター)アロマバス


やはりこの時期は空気の乾燥や肌荒れにも気になるという方はいらっしゃることと思いますが、アロマバスシリーズはそういったことに対する「肌をいたわる」成分や効能を持つ【薬用入浴剤】で、リラックス、肌のケア、入浴後の質のいい入眠など、夜の入浴をサポートしてくれます。

現在ふわふわポーチがついてくるようです。(こちらは該当のページから購入する場合の特典となっています。)



詳細記事へ移動
DRアロマバス 肌をいたわる入浴剤





 
ドラえもん入浴剤シリーズ


ドラえもんでお風呂というとしずかちゃんと時折侵入してくるのび太くんのイメージが非常に強いですが、それぞれのキャラクター毎にテーマ分けした入浴剤が楽しめるシリーズ内容となっているようです。

しずかちゃんは「美肌風呂」でジャイアンは「アツアツ風呂」などなど、スネ夫の「金持ち風呂」というのは一体どんな効果があるのか想像しづらいですが、中身はパールやはちみつエキスなど結構ガチで作られているようです。 (※ジャイアンの入浴剤は決して「ジャイアンシチュー」の香りがする訳ではありません。)



詳細記事へ移動
2014年迎春、今年は極楽のお湯から始める





PR

ウォータープルーフパウダーで夏季の化粧崩れを防ぐ。

水や汗をはじいて一日中確りメイクをキープする。


メイクさんのフィニッシュパウダー


こんにちは。

5月も半ばに入って日中はかなり暖かくなって来ました。 地域的には真夏のような気温にまで上昇したりという日も増えて来たようですが、こうなって来ると気になって来るのは【汗】の問題で、シャツが濡れたりといったビジュアル的にもそうですし臭い等が心配な方もいらっしゃる筈です。

その辺りについてこのブログとしても「暑さ対策」のカテゴリの中で今後いくつか触れて行きたい所ですが、今回の記事では同じように「汗」が大きく関与する【化粧/メイク】について久々に掲載させて頂こうと思います。






(※該当の詳細ページへのリンク画像です。)



上の写真に載っているものが今回紹介する【メイクさんのフィニッシュパウダー】ですが、このブログの記事で取り上げさせて貰った「メイクさんのファンデーション」と同じように実際にプロのメイクさんがこだわって開発したという「現場の手で生み出された化粧品」となっています。

特徴として挙げられているのはやはり【ウォータープルーフパウダー】であることですが、この「ウォータープルーフ」というのは水に濡れても大丈夫なように「防水加工」されているようなものに対して使われる言葉で、今回のパウダーの場合はその【高い撥水性】がメイク美肌の持続に大きく貢献しているようです。






※参考画像


上の画像は「コップの水の表面」にパウダーを張って指を入れてみても、パウダーが内側の水を確りとガードしてくれるので「指が全く濡れない」という状態を表したものですが、このような性質によりスポーツ時の汗や突然雨が降って濡れてしまう事態にも非常に強い耐性を発揮してくれるという訳です。 ファンデーションで整えた肌をキッチリと仕上げてキープしてくれます。

また、このフィニッシュパウダーに関する口コミは余り数は出ていないですが、その中でも【パウダーそのもの】に関しては全体的に高い評価でまとまっているようです。 ただ付属してくる【パフ】の質は宜しくないということで「ブラシなどを使用する方が綺麗にまとまる」という声が複数上げられてます。

その他にはこのパウダーは「パール仕上げ」ラメのようにキラキラ光る本格的な仕上がりなるのも特徴の様で、人によっては【パーティーなどのメイクを頑張ろうという時に使用している】という方もいらっしゃるようで、更にそれだけ高級感のある仕上がりでありながら2800円と手ごろな範囲の価格になっていることから使用者にはリピーターも多そうです。






※その他にも該当のページの中ではファンデーションなどを始めその他のメイクさんシリーズもチェックが可能になっているようなので、フィニッシュパウダーと合わせて同シリーズでまとめて使用してみるのもいいのではないかと思います。 プロメイクアップアーティスト「日野一美氏」こだわりのシリーズです。 




ショボショボの疲れ目を癒す高機能アイマスク

つい眠ってしまう眼のリラクゼーション。

目元のエステケア

こんにちは。

新年度の幕も上がり気分一新に新生活を迎えることとなった方も大勢いると思いますが、日常何か頑張ることに追われていると気づかずに積もっていく肉体/精神疲労だとか、あるいはつい【息抜き】をすっかり忘れて知らず知らずに無理をしてしまうこともあったりしますね。

その中でもこの記事では「目の疲れ」について着目してみたのですが、自分などもパソコンの画面を見ている時間が長いからか夜などには目が疲れきってショボショボになってしまうこともあったり、それが結構急に来たりして辛かったりします。 今回はそんな疲れる日常の中にも手軽に「リラックスタイム」を設けることが出来そうな【アイマスク】を発見しました。




 上の写真に載っているのが今回紹介している「目元のエステケア」が行えるというハイスペックアイマスクということなのですが、何とも現代的な風貌をしていますが、見た目だけでなく多くの目元の「癒し機能」を備えたハイテクなアイマスクとなっている様です。



※クリックで拡大可能です。


【主な機能】
1.エアプレッシャー機能(3パターン)
2.バイブレーション機能(6種類)
3.温熱じんわり機能(2パターン)
4.音楽イヤホン再生/mp3保存機能


エアパットに空気が満たされることで目元からこめかみまで確りとフィットして加圧してくれたり、また本体が振動して刺激してくれるバイブレーション機能。 そして目元をじんわりと温めてリラックスさせてくれる温熱機能と、多機能を駆使して疲れ目をスッキリと癒してくれます。

また付属のイヤホンを付けることでパソコンから取り込んだ音楽を再生したり、USBケーブルでパソコンに接続すると約100曲ものmp3を保存することもできるようで、好みの音楽を楽しみながらリラックスモードを楽しむというのも乙なものかも知れませんね。

リモコンはコンパクトで掴みやすく女性の手にも丁度いいサイズのといことで、また「単三電池4本使用」での動作ということで、電池式なので場所を選ばずに持ち運んで使用することも可能です。





【その他の関連】


 
目もとエステ  リフレタイプ


こちらも目もとを癒してくれる高機能アイマスクなのですが、【目に見えないスチーム】を程よく当てることで目もとをしっとりと保湿してくれるという優れものとなっているようです。 また、温感ヒーターでじんわり目元を潤してくれる機能もついていてマッサージリズム機能もついています。

「使用しているとつい寝てしまう」というレビューも多いようですが、【マッサージチェアと併用すると極楽】との声もちらほら、一応はこれらのマスクは【目元の張り】などを意識した美容エステ用品ということにはなっているのですが、実質的に使用目的/効果から言って「疲れ目ケア」で使用している人が多い印象です。

そういった意味では余り美容については考えていない男性の方にも同様に効果を発揮してくれるものだと思うので、疲れ目を何とかしたい人はこれらのアイテムも色々と参考にしてみるのもいいのではないかと思います。




カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析