忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 娯楽/ゲーム

エアコンで涼みながらも夏を満喫できる。「海柄パズル」

冬はこたつの中で、夏は扇風機やエアコンの前で。


こんばんは。

すっかり日差しが真夏の色を増して来た今日このころ。 今回はタイトルの通りに夏に楽しむのにピッタリの「海絵柄」のパズルについて色々と着目して見たので、ここで取り上げて参りたいと思います。

今年は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新作も公開されていますが、やはり夏のロマンを語る上では海というのは切っても切れない風情というか、見ているとだんだん様々な空想が広がる自然の中の神秘を感じます。



海柄パズル
(※海柄パズルのラインナップページへのリンク画像です。)


上の絵柄は「世界最大のサンゴ礁」として有名なオーストラリアの【グレート・バリア・リーフ】で、綺麗なハート型に形成されたサンゴ礁(ハートリーフ)等、約400種のサンゴと約15000種の海洋生物が生息しているのだとか。 まさに「海の楽園」を思わせる印象的な面白さと美しさがあります。


【参考】
完成サイズ:18.2×25.7cm
ピース数:108ピース
参考価格:1080円→745円





【その他の関連】


(以下画像は全てクリックで拡大OK。)



左上:ハートリーフ 300ピース版(72×49cm:2086円)
右上:ワイキキビーチ 300ピース(26×38cm:1117円)
左下:サントリーニ島 エーゲ海 300ピース(72㎝×49cm 2086円)
右下:ポルトフィーノ青い海と港町300ピース(26×38㎝ 894円)


こちらは海外の美しい海と海辺の街並み等を写した絵柄となっていますが、「ハートリーフ」と「エーゲ海」の絵柄のものは※手頃に作成できる300ピースパズルでありつつ完成サイズは「72㎝×49cm」と1000ピースパズルとほとんど変わらない位の大きさがありますので、出来上がった後に飾るとかなり立派です。

※今回の記事では初心者の方も夏の内に完成可能な様に比較的短期で完成可能な500ピース以下のパズルを焦点にして取り上げてみました。




左:グレートブルーホール・ベリーズ 300ピース(26×38cm:894円)
右:オープンハートの島 ツパイ 300ピース(38×53㎝:1192円)


左は世界第2位の広さを持つカリブ海のサンゴ礁「グレートブルーホール」で、その直径は300mを超えるのだとか。 右のものはフランス領ポリネシアの無人島ツパイ島。 「愛を誓う二人だけが上陸を許された奇跡の島」らしいですが、本来上空からの遊覧のみ可能だったものが、2012年に9年間の期限付きで「挙式目的の上陸のみ条例で許可されている(1日1組まで)」んだそうです。




上:岩手 浄土ヶ浜 300ピース(26×38cm:894円)
下:東京 青ヶ島 300ピース(26×38cm:894円)


国内の海と島ももちろん素晴らしいですね。 日本にも色々な島がありますから、もっと多くの絵柄があると更に面白そうですし、コレクションとしても熱いと思います。




上:ダウンタウンホリデー アメリカ 450ピース(26×38cm:894円)
下:海岸沿いを走る江ノ電 300ピース(26×38cm:1043円)


人間の文明と海とのコントラストというのもグッと来るものがあります。 何となく「夏休み!」って感じが致します。 上の絵柄はノルウェー国旗が見えますがアメリカです。 コチラはスモールピースという通常よりも小さなピースを用いるパズルなのでやや難易度が高めかと思います。





【番外関連】



東京花火 お台場レインボーブリッジ 500ピース(38×53㎝:1192円)

これは海柄ではないですが、レインボーブリッジを望む東京ベイエリアに打ち上がる色とりどりの花火が描かれた「夏の風物詩:花火」の絵柄となっています。 完成後は毎年飾れますし、こういった季節を象徴する様な絵柄のパズルというのは味わい深いと思います。


※その他にも夏の絵柄はもちろん、総合的なジャンルの絵柄や眺めていると楽しくなる「玩具」等も魅力的なラインナップとなっていて、何かお探しの人やパズルで遊んでみようという人は色々とチェックして見ると非常に面白いと思います。

それぞれのパズルにピッタリのパネルもボタン一つで検索可能なので便利です。



PR

冬眠期間中は家の中で遊ぼう。皆で遊べるパーティーゲーム。

退屈なハズのインドアが「遊び場」に変わる。
癖になる面白さ。



こんばんは。


考えたら今年初めての更新となった今日この頃。

1月ももう終わりですが、2月~3月とまだまだ寒い季節は続きます。 春に近づくにつれて暖かくなって来たかと思えばまた寒くなったり寒波が来てみたりというパターンもあるかも知れません。

そこで今回は「家族や友達と一緒にインドアで熱中できるパーティーゲームについていくつか掲載をして行きたいと思います。





上の写真にあるのが今回まず最初に紹介した【バウンス・オフ】というピンポン玉を使った「テーブルアクションゲーム」です。(参考価格:1373円)

カードを引いて、そのカードに書いてある通りの並びになる様に、枠の中にボールを上手く投げ入れて行きます。 枠の中に着地させる前に必ず1回はテーブルの上でバウンドする様に投げなければならないので「テクニックを磨く」という燃える要素もあり、白熱したバトルを楽しむことができるのではないかと思います。


(以下画像は全てクリックで拡大できます。)




※参考画像。
詳細ページ内では紹介動画も合わせて視聴できます。


小さいテーブル、大きいテーブル、フローリングの上など、「どこでプレイをするか」というのもあるでしょうし、勝負を熱くする為の独自ルールを組み込んでもいいでしょう。 家族団欒から大きいお友達の「家飲み」のお供まで、幅広く活用できそうです。





【その他の関連】


 
左:クラッシュアイスゲーム(¥1400 参考)
右:ペンギンパーティー(¥1500 参考)



これらも家族や親戚、遊び友達と一緒に遊ぶことができるテーブルゲームです。

今年の春の「ドラえもん」映画は【南極カチコチ大冒険】ということもあって個人的に今旬な動物がこの「ペンギン」なのですが、冬場は季節感、夏場は清涼感と1年中旬な気持ちでプレイを楽しむことができる非常に魅力的なキャラクターだと思います。







クラッシュアイスゲームの方はジェンガ等と同じ様にハラハラ感を楽しみつつ、ペンギンが落っこちない様に氷をハンマーで砕いて行きます。 崩す順番を決めるルーレット付きです。







ペンギンパーティーの方は条件に合うカードをピラミッド型に並べて行くゲームで、「カードゲームはルールが難しいから覚えるのが面倒くさい」という人でも1度やったら覚えられる簡単なものとなっている様なので、楽しそうだけで嫌煙していたという人は取り入れてみると面白いかも知れません。(2人以上でプレイ可ですが、3人以上で遊ぶのが良さそうです。)




サイモンエア(¥2627 参考)



こちらは「サイモンエア」という輪の形に「緑・赤・青・黄色」と点灯するライトが付いていて、それが光る順番(パターン)を記憶しつつその通りに手をかざして「エアタッチ」して行く記憶ゲームとなっています。

一人プレイが可能なので「いやいや、家の中では基本一人で遊びたいし」という一人の時間を大切にしたい方が取り入れるのにも向いてるかも知れません。 「最近頭をあんまり使ってないな」という場合は脳トレにも良さそうです。



 



「シングル・ダブル・スワープ・ダブルスワープ・クロスオーバー・フォーハンズ・ホールド」と数々の【エアタッチ・アクション】を成功させながらゲームを成功させていきます。

「フォーハンズ」「ホールド」は二人プレイ設定でのプレイの時のみの荒業です。 (二人協力プレイに設定すると、機械が四つの光が同時に光ったりと「ならでは」の点灯を仕掛けてきます。)

※このゲームは「バウンス・オフ」同様に詳細ページの中で動画紹介も合わせて視聴可能です。



 
Avtion バスケットボールゲーム(¥1499 参考)



この見るからに単純な作りがやり始めると何気に燃える「やみつき感」がある模様です。 これも一人でのプレイも楽しめますので、その気になれば「一人だけ選手権大会」を開くこともできますね。

「人差し指VS中指」「中指VS薬指」「左手VS右手」、場合によっては足の指選手も参加させれば、部屋に一人だけであるにも関わらず大選手団を結成可能です!寂しくありません!。

1日目は「右手選手権」、2日目は「左手選手権」、3日目は「足の指選手権」、そして4日目には4日に一度の究極の祭典「一人オリンピック」が・・(略)





※その他にも関連を辿ることで色々なゲームをチェックすることが可能です。 何かお探しの場合や、室内で遊べるパーティーゲームを生活の中に導入して見ようかという方は色々と探索してみると楽しいと思います。


リースでメリクリ気分を味わう。

ちょっとしたワンポイントですっかり聖夜を満喫。


こんばんは。


いつの間にか師走がやって来てすっかり冬本番。 年末の空気が再びやって参りました。(ついこの間に同じ様なことを書いた気がする今日この頃。)

そんな所で今回は時期ものとしてはタイミングがギリギリですが、【クリスマス】をテーマにした装飾を色々と着目をしてみました。 




上の写真にあるのが、今回最初に紹介したい「トナカイ」「サンタ」「スノーマン」の顔が並んでいるクリスマス・リースです。(参考:2480円)

近年はクリスマスにサンタクロースを夢見る子供もいなくなったという話も聞きますが、やはり特にイベントに参加するでもなくイカス恋人とのランデブーがある訳でなくても、何となくこの時期になると「メリクリ気分」というのは味わいたいもので、そんな時にこういったワンポインんとになる飾りを目に付く場所に飾るだけでかなり雰囲気を味わえそうです。




クリックで拡大。

みんな愛くるしい顔をしていて、トナカイもいい笑顔をしています。 この他に「サンタクロース&スノーマン」「トナカイ&サンタクロース」のそれぞれの組み合わせのリースも取り扱われている模様です。





【その他の関連】





リースも色々なデザインのものがありますので、選ぶのが迷ってしまいそうですが、一つお気に入りを持っていれば来年以降もシーズンに合わせて飾ってみたりと繰り返し活用することもできるのがいいですね。 ツリーと合わせるとそれだけでクリスマス装飾は万全です。



 
※かわいい サンタ人形 トナカイ ツリーセット。(参考:999円)


人形の大きさは5×4×4(㎝)くらいなので棚の上や玄関等に軽く飾っておくのにピッタリですね。 ディスクワークがある方はそちらの机の上に置いておくのもChristmas気分を味わうには良さそうです。




※40×15㎝のプレゼント入れ ソックス ブーツ ギフトバッグ(参考:1399円)


イヴの夜の「聖なる不法侵入者」として有名なサンタさんに「ここにプレゼントを入れておいて」と知らせるものとして「靴下やブーツ」がお馴染みですが、上のものは大きさもそれなりにあるので実際にお子さんのプレゼント入れとして使うのもいいですし、装飾として飾っておくにも非常にお洒落です。セットではなく「サンタ」「トナカイ」「スノーマン」とそれぞれ単独販売となっています。




45㎝ 卓上クリスマスツリー(参考:1680円)

やはりクリスマス装飾の定番としてはこの【クリスマスツリー】ですね。 子供の頃にクリスマスが近づくと物置から取り出して来て飾り付けをしていたのが思い出されます。 上の写真にあるものはLEDライト30個のオーナメント(飾り)が付いているので、他に飾りを揃える必要なくこれだけで確り飾れます。

「大きなツリーは流石に大げさだな」という場合にこの位のサイズのものは手間もかからず丁度いいのではないでしょうか。





※その他にも関連を辿ることでクリスマス関連のグッズを確認することもできるかと思います。 また、クリスマスはもうギリギリですが、今の時期は正月の装飾冬の置物・インテリア等についてもチェックして見ると面白いかも知れません。



カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析