忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 雑記帳 > 15分のトレーニングと生活習慣の改善で低体温を改善。

15分のトレーニングと生活習慣の改善で低体温を改善。

近年日本では35℃台の低い体温の人が増えている。


低体温改善法


こんにちは。


最近テレビのコマーシャルなどでも見かけた記憶がありますが、「低体温」というのが現代社会においての一つ大きな問題になっているようです。 何だか朝が億劫でやる気がでなかったり、集中力も続かないなど、かなり日常生活に影響の出るような症状にお悩みの方も多いのだとか。 最近はだんだん暑くなって着々と夏に近づいていますが、【夏なのに指先が冷たい】という方もこれの疑いがあります。


 


人間の体温の平熱というと【36.5℃】というのが王道的な目安だと思いますが、実はこれは「人間が健康状態を維持するのに必要な体温のボーダーライン」ということで、これよりも低いと程度によって色々なマイナス症状が体に現れてくることになり、特に35℃台の人は注意が必要です。

というのも、低体温の症状としては「肩がこりやすくて」とか「めまいがする」などという声が聞かれますが、それだけでなく免疫力やストレスなどに対する耐性が減少してしまい様々な病気にかかる恐れが高まるということなのです。 なんでもガン患者のほとんどが35℃台というデータもどこかで目にしたことがありますので、体温が低いということは簡単には無視できません。




  

「低体温を改善」自律神経を整えて本来の体温36.8℃の理想的な体を復活させる


※上の画像に載っているのが今回紹介している低体温改善を目指したマニュアルとなっていますが、利用する場合は冊子配送版だと追加でコストがかかるようなので、PDFファイル版で利用する方がよさそうです。


 

上の画像の流が改善の主なルーティーンになっているようで、実際気を付けるべき点は細かくあるものの、「本編71ページ」と非常にシンプルな情報にまとまっていることには間違いありません。 更にこのマニュアル内容は継続することが必要になって来る為【3日坊主】になることを予防するための「30日間コンプリートプログラム」というものが付いてきます。 これにより日めくり式に【その日に何をすべきか】が明白となり、低体温改善に向けてのサポートを行ってくれます。




サポート/特典

1.全額返金保証付き
2.感想などのメールを送ることで3000円キャッシュバック
3.取り組み方がよく分かるコンプリートプログラム(30日間)が付いて来ます。



マニュアル内容

基礎体温チェック/ストレスリセット法/成長ホルモン分泌促進法/セロトニンの効果的な増やし方/低体温のメカニズム/熱生産性に優れた質のより筋肉の作り方/血流を改善する/睡眠の間にダイエット/体内から温める内臓ストレッチ/脳波をα波にする方法 等々 健康的な体温の範囲は本来は36.5℃から37.1℃までの間ということで、これは36.7/8℃程度で安定することを目指しているものの様です。




PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析