忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > ダイエット > 便秘と下痢が交互に来る人用改善術。

便秘と下痢が交互に来る人用改善術。

便通の乱れやポッコリお腹を快適にする。

ねじれ腸、落下腸を改善


こんにちは。

あとわずかで6月です。ここの所は気温も上がってほとんど「初夏」と言っていいような日が続くことも増えてきましたが、夏というと「ダイエットの季節」あるいは「今から夏までに確り痩せよう」という方も多いと思います。

ただ、このダイエットを初めて見ると何気に障害になるのが【便秘】だとかそれに伴う「ガスたまり」「ポッコリお腹」等ですね。 常に張っていて不快感があったり、ダイエットを始めたからといってそうそう都合よく便通の方も改善してくれるとは限りません。

今回の記事ではその中でも【便秘と下痢を繰り返す】という便通の乱れの症状について注目してみたのですが、このような場合は多く「過敏性腸症候群」「交代型」の症状として紹介され、対処法は【ストレス】【精神疲労】などの原因を癒すことが第一として、音楽を聞いたりスポーツをするなどの趣味的な発散方法を自分なりに見つけることがかなり効果的と言われているようです。 また、当然酷い便秘に悩まされて便秘薬で対処しようとした挙句に下痢になってしまうという場合もアルアルだと思います。 (これは腸を傷付けるのでよくない。)
 




※「ねじれ腸(落下腸)の特徴」



更に「100名に1人」は持っているとも言われる【ねじれ腸】【落下腸】という状態になっている場合もあり、便秘治療や腸内環境の改善を図っても思う様な効果が出せないという人などはこの二つが原因になっていることも考えられます。 今回はこの「ねじれ腸」と「落下腸」を改善して便秘を改善するというマッサージ法を紹介したマニュアルについて一つ掲載させて頂きます。





便秘と下痢を繰り返す方専門の便秘体質改善 「渡部式 便秘改善マニュアル」



ここで問題とされている「ねじれ腸」というのは文字通り腸がねじれた状態になっているので、通常よりも道が細く、そこに便が詰まって便秘になってしまうのですが、更にその便の重みで腸が伸びて絡みやすくなることで便秘が慢性化してしまうのだとか。 以前に本当か嘘か「日本人は腸が長い傾向にある」という話をどこかで耳にしたことがありますが、同時に「便秘の人が多い」「ねじれ腸が多い」等という話もあるので、この辺にも何か関係性があるのかも知れません。

更に「厄介な症状」というのが「落下腸」で、保険の授業やらの人体のイラストなどをみても人間の大腸というのは小腸などをぐるりと上部から囲むように備わっているのが正常なのですが、この「落下腸」の状態になってしまうと、大腸が固定されずお腹の下の方にずり落ちた状態となってしまうようです。 その為に立った時に下腹部がポッコリお腹状態になってしまいますし、便秘だけでなくダイエットなどを試みる場合でもただ単に体重を落としても改善されるものではないので、大きく妨げになってしまいそうです。

このマニュアルはそういった「ねじれ腸」「落下腸」に対して有効なマッサージを【朝と夜の3分間】を続けることで改善して行こうという内容になっています。 症状や効力の程度には個人差があると思いますが早い人では数日内で大きな改善もみられるということで、さらに【90日間のメールサポート】も受けられますので、この間に分からないことはどんどん聞いてみるのもいいと思います。



【その他のポイント/特典】
1.365日間の全額返済保証
2.マニュアルが改訂された場合の無料ダウンロード権
3.便秘改善に関するポータルサイトの提供
4.マニュアルを通して成功した場合に感想を送ると5000円のキャッシュバック
※返金保証の場合は実践がなければならず、万が一結果が思うようにいかない場合を考えるとマッサージの実施と経過などは簡単にメモしておくと間違いがないかも知れません。(確認のアンケートがあるようです。)



PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析