忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 育毛・発毛 > 復活の為に大地を耕そう(育毛)

復活の為に大地を耕そう(育毛)

まずは確りと「抜けない頭皮」を手に入れる。

S-1 無添加シャンプー


こんにちは。


今日は天気もよくほのかに風も吹いているの非常に爽やかな一日となっていますが、こんなに天気はいいのに「外出するのに余り気が乗らなかったり」する場合の原因の一つとしては【薄毛】という悩みが一つこの世の中にはあると思います。 色々と髪型でごまかそうとしてもなかなか隠せるものではありません。

今回はこのブログでも度々取り上げさせて頂いている「育毛」に関することについての記事を更新して行くのですが、内容としては過去に掲載した【M-1】育毛・発毛ミストを開発した「サラヴィオ化粧品」が出しているアミノ酸系シャンプーについてです。





(該当の詳細ページへ移動するバナーリンクとなっています。)


このブログとしてはこれまでも注目して来た「アミノ酸系」のシャンプーということなのですが、その特徴として改めてまとめると以下の通りです。


1.強すぎない適度な洗浄力。
肌を傷つけたり必要な皮脂まで落としてしまうようなことを防ぐ。

2.薄毛時は避けたい「リンス」を必要としない。 
肌と同じ弱酸性のアミノ酸なので、リンス中和を必要としない。

3.上記1.2を踏まえ自然体で清潔な頭皮作る。
ナチュラルな頭皮環境を整え、抜け毛を防いで育毛の下地を作る。



(クリックで拡大が可能です。)



上の画像はアミノ酸系シャンプーである「S-1」の効果を他の仕様のものと比較た場合の画像となっていますが、ただしアミノ酸系はやはりどうしても高価となってしまう為にこの「S-1」も特別価格と言えど3800円という値段で取り扱われているものなので、逆に言うと「薄毛対策」を考えて選んでいる人以外の場合には選択の対象外となるかも知れませんね。





その他詳細ページを見てみると、「シャンプー」や「育毛剤」「サプリメント」などの役割が説明されていますが、ここで言われている【シャンプーでは毛は生えません】という部分は恐らく「育毛剤のような効果はありません」という意味合いの表記だと個人的には解釈をしています。

やはり頭髪というのは実際薄毛になっていても「自然に生えようとしている」訳なので、毛を育てるのに適した抜け毛の少ない頭皮にすることによって長期的には改善することも考えられますし、シャンプーが育毛に当たって土台となり重要であることは変わりはありません。

ただ、より短期的に効率よく頭皮/頭髪を復活させようとした場合には【S-1】のようなシャンプーで頭皮を整えて【M-1】のような育毛/発毛剤で外部から促進、【サプリ】などで内側から促進という考え方が効果的なこともまた現在有力な所で、そういった旨の説明がサイトではなされている様です。




関連記事
M-1 発毛・育毛ミスト 世界初の分子ピーリング
オレンジシャンプーについて
サプリと育毛ジェル併用で薄毛ケアを目指す。



【育毛ケア・ここまでのメモ】

1.シャンプー時は生え際から頭頂部の方へ洗う。
その際に爪は立てずに「指の腹」で軽く押さえ、余り擦らずに(スライドさせず)円を描いて細かく頭皮を振動させるように洗っていく。

2.洗い流しを確りする。
シャンプーで洗う前は確りとシャワーをあてて髪の表面の油や汚れを落とす。(最初に髪の表面の邪魔な汚れを落として、二度目に頭皮を確り洗うというような2度洗いもよさそうです。)

3.洗う時や頭皮マッサージは優しく。
たまに「頭皮をズラす」というようなことを聞く時がありますが、頭皮が突っ張っているのは肌が硬くなっている以上に【頭蓋骨の膨らみ】で常に頭皮がピンと張っている状況が生み出すことが多いので、余り無理に動かさない方がいいようです。飽くまでマッサージの目的は血行促進であって頭皮をズラすことではありません。



PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析