忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 記事一覧

芸術に触れる秋。名画ジグソー。

偽物だけどパズルで飾ると立派な壁飾りに。


こんばんは。

夏も過ぎてあっという間に9月も終わりとなってしまいましたが、秋も深まる今回は【※芸術の秋】ということで「絵画」を絵柄にした「ジグソーパズル」について色々と注目して行きたいと思います。

※やっぱりこのシーズンは「紅葉」柄かと思ったのですが、それは去年に取り上げたので今年はまた違った秋をテーマにすることに致しました。







(※該当のラインナップページへのリンク画像です。)


上の画像は【ゴッホ】作の「星月夜」という絵柄で、ゴッホならではな版画画の様な細かな流れを感じる夜空の絵画パズルとなっています。

現在取り扱われているサイズは【1000ピース(49×72㎝)】【1000ピース(※26×38㎝)】【1053ピース(26×38㎝)】となっていて、参考価格はそれぞれ「2459円|1341円|1192円」です。


(※同じ1000ピースでもサイズが違いますが、通常1000ピースだと「50×75㎝」前後位が標準サイズで、「26×38㎝」というのはかなり通常のピースより小さい「スモールピース」というものを組み立てて行く高難度のパズルとなってます。初心者や初挑戦の方の場合はこういった細かいピースのパズルは避けて、通常サイズのものを選んで挑戦するのが良いと思います。)





【その他の関連】


 
「最後の晩餐」1053ピース(26×38)1000ピース(26×38)

【レオナルド・ダ・ヴィンチ】が聖書に記された「イエス・キリスト」の最後の晩餐を描いた超有名絵画ですが、これはスモールピース仕様のみの取り扱いとなっている模様なので上級者向けです。




「バベルの塔」1000ピース(26×38)1000ピース(50×75)

これも非常に有名な【ピーテル・ブリューゲル】のバベルの塔ですが、本当にこの様な塔が建設されていたとしたら、是非一度実際に見てみたくなる様なロマンあふれる絵柄だと思います。

こちらは通常サイズの1000ピースが用意されていますが、このサイズは大型ではあるものの家族や複数人で取り組むにはピッタリで、これからのインドアシーズンには上手く生活に取り入れると娯楽として活躍してくれるかも知れません。




ピアノを弾く少女達|イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢
ミッドサマーイヴ|デイジーを摘む母と子
日傘の女|レースを編む女

様々な女性をモデルにした絵画。 ポーズを取ったものから何気ない日常的な光景を切り取った感じのものまで、見ているとその人物の背景についてなど色々想像力を掻き立てられるものがあります。 (やはり男性の画家先生が描くのは女性の姿が多いのか、おっさん絵柄のパズルは余りない模様です。)




  
桜草/羽根|黄道十二宮

これは【アルフォンス・ミュシャ】の現代的な繊細なタッチが魅力的な絵柄で、「黄道十二宮」の方は初挑戦の人にも優しい300ピースパズルも用意されている模様です。




 
夜のカフェテラス|春の花束

ゴッホと【ルノワール】の名画絵柄ですが、やはりゴッホは人気が高い様です。 また、「夜のカフェテラス」の方は光の通る透明のピースで組み立てる【クリスタルジグソー】という糊の要らないフレーム一体型のパズルタイプのものも出されていて、完成後は夜にライトアップしたりして楽しむことも可能です。





※その他にも「ジグソークラブ」では絵画絵柄以外にも総合的なジャンルのジグソーパズル・立体パズル・関連の玩具グッズまで色々とチェックすることができるので、新たな趣味をお探しの人やパズルに取り組んで見ようとお考えの方は色々と探索をしてみると面白いと思います。

※パネル(フレーム)等もワンタッチで各パズルにピッタリのものをラインナップで確認することが可能なので、迷うことなく必要な一式を揃えることができます。


【紅葉柄をテーマにした記事】
鮮やかに色づく秋の景色を組み立てよう。

PR

ネタリュックで笑顔溢れる外出。寿司・パン柄等。

人の視線を楽しませたい人用ザック。


こんばんは。

いよいよ夏本番の8月がやって来ました。 今年はオリンピックシーズンということもあり、治安の面や競技場施設・ジカ熱や豚インフルエンザ等様々心配されてはいますが、リオ五輪の方も楽しみにして行きたいと思う今日この頃です。

夏はアウトドアが盛んな一方、近年は非常に暑さが半端ではないの為に外出が過酷な季節とも言える訳ですが、今回はそんな億劫な外出を「身に着けるだけで楽しく」することが出来そうな「ネタリュック」について着目してみました。




上の写真に載っているのが、今回まず注目した【お寿司リュック】というもので、「サーモン」の形をしたリュックサックとなっています。(¥4799 参考)


(※以下の画像は全てクリックで拡大できます。)



※参考画像


内部は非常にシンプルですが、遠出の旅行用ではなく普段使いならこの位の収納力で全然OKで使えると思います。 つい夏場に外へ出すと直ぐに悪くなりそうな感じがしますが、ちょっとナウい言い方でもちろん「大丈V」です。




※たまごタイプ


寿司ネタ系は他にもある様で、「サーモン」のページから関連を見て見ると、記事作成現在では上の「たまご」の情報も確認することができます。 こちらもたまごの明るい黄色が光るキャッチーなデザインですが、お昼時は持っていると空腹が加速してしまいそうです。





【その他の関連】




目玉焼き 食パン トーストリュック。(¥3240 参考)


これもこんがり焼きあがったトーストに目玉焼きの乗った非常においしそうなリュックですが、ベルト等がカジュアルで全体的にスタイリッシュな形状が段々お洒落が風にも見えてきます。 内部は大きなポケットが付いた、よりシンプルな作りとなっている様です。 この辺りは「ノーブランド」らしいですね。




上:パンリュック 
下:子供用リュック トースト/ジャム


上の「パンリュック」の方はトースト目玉焼きのリュックと同じ様な感じのリュックで、ファスナーの位置を手前側に設置することでパンの「ふっくら感」を出している辺りはポイントかも知れません。 下のジャムのトーストリュックは、ジャムではなく「バター」版のデザインのものもある様で、詳細ページの中で合わせて確認することが可能です。




おにぎり


こちらは最初の「サーモン」のリュックと同じシリーズの様で、内部の作りも同じ仕様となっています。ネタ的には無難な感じでインパクトは低めですが、そのさりげない感じが絶妙な趣を感じます。




※左:アニマルフェイスリュック タイガー(¥3680 参考)
右:おしゃれバッグ (¥5722 参考)


また、これらの様に動物のフェイスがプリント、または模られた大迫力のリュックサックもある様で、後ろや横を歩いている人の視線を一瞬釘づけにすることができることほぼ間違いのではないかと思います。






アニマルフェイス好きの人には響くものがあるのではないかと思われるこのリュックですが、結構これ系は他にも面白そうなものがある様なので、今後機会があったらまた取り上げてみたい様な感じが致します。 このタイガーのリュックも非常に凛々しくて格好いいですね。 ドラえもんも猫だと言うのであればこの位はやって欲しいものです。

(※その他にも関連を辿ることで色々な面白リュックを発見することができると思いますので、好みの人や面白いリュックを探している人は色々探索してみて欲しいと思います。)


夏のマスコットを飾って暑さを楽しむ。

猛暑故の楽しみ溢れるサマータイムをマッタリ満喫。


こんばんは。

6月に入り早半ば。この後雨季を過ぎるとあの連日続く「猛暑の夏」が今年もとうとうやってこようかという今日この頃。

近年の夏は年々暑くなっている感もあり思わずバテバテになってしまう時期ではあるのですが、「海」「山」「夏祭り」「花火大会」「ビアガーデン」等々、夏休みを中心にアウトドアで楽しむ娯楽やイベントが充実した「遊び」のシーズンでもあります。特に今年はオリンピックイヤーなのでスポーツも熱いですね。

そんな所で今回はマッタリと「ゆるキャラ」的な愛らしさと共に夏の「季節と風物詩」をテーマにしたインテリアを飾ることができる【夏のマスコット】について色々と注目してみました。





上の写真に載っているのが、今回紹介したい【デコレ(decole)コンコンブル(concombre)夏のまったりマスコット】というマスコットシリーズの「ペンギン」「しろくま」で、夏の祭りやビーチ等でマッタリと昼寝している姿を模した置物インテリアとなっています。(それぞれ別売。下に敷かれているシートも個別の商品なので注意して下さい。)

【参考(すやすや:ペンギン)】
サイズ:約65×26×H18(mm)
価格:378円




【その他の関連】


(※以下の画像は全てクリックで拡大できます。)



※昼寝あざらし|乾杯しろくま|よくばりアイスしろくま
スイカ割りラッコ|親子連れしろくま|ぷかぷかぺんぎん


また、「海水浴」「祭り」「バーベキュー」等色々なシチュエーションに合わせたタイプのものや、組み合わせも非常に豊富なので、飾り方次第で色々な夏の風景をマスコット達と共に飾ることができるシリーズとなっています。

サイズ的に「玄関の棚」「トイレの棚」「デスクの上」「出窓スペース」等々ちょっとした棚の上を飾るのにピッタリです。




 


クマやネコ等の他の動物や、マスコットが「スマホ」を持っているイマドキなタイプなど、種類が豊富なので、色々な場面に活用できそうなラインナップとなっていると思います。

上の写真の下の段の二つは「お酌しているペンギン」と「ビールの飲んでいる黒猫」で、これらを並べて飾ると良い感じの「宴会の一幕」を飾ることができます。







勿論キャラクターだけではなく場面を演出する為のラインナップも非常に充実していて、上の写真にある様にビーチ周りのアイテムや、香取線香を設置する為の「豚の蚊遣り器」「扇風機」「夕涼み用の縁台」等、色々なパターンがあります。

夏の風物詩と言ってもひと夏であれもこれも満喫するのも難しいので、代わりにマスコット達に楽しんでもらうというのも乙なものかも知れません。







飲食物系も勿論あります。部屋の一角に動物達の宴会場を作ることも可能かと思います。「ビールに枝豆」「スイカ」等、まさに「夏を遊ぶ」為のインテリアといった感じでしょうか。







色々とコレクションして、今年揃えたものはもちろん来年の夏にまた飾れますし、舞台背景等を制作したりしてちょっとした夏の「工作」を楽しんでみるのも風情があります。今年の夏は彼らと共に五輪の応援をしてみると去年までとは違うアクセントになってくれそうです。

(※ここに掲載したのはシリーズの一部に過ぎないので、より好みのものがないか色々と関連を探索してみると面白いと思います。)



カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析