忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 雑記帳 > 嫉妬は決していけないことではありません

嫉妬は決していけないことではありません

嫉妬は悪いことではない


「嫉妬」というといいイメージはわかないものですが、しかし、本来は嫉妬心というのは極自然におこりうるものであり、【それによって人に危害をくわえたり】などというのは問題外ですが、普通に感じることは当たり前のことです。


いわゆる「嫉妬深い」という人の特徴として、以下の傾向があるということを本で読んだことがあります。




  • 自尊心が低い
  • 自己評価が定まっていない
  • 明確な意見を持っていない
  • 理想の自身像とリアルのギャップが激しい


総合して「自信がない」ということが、嫉妬心へ結びつく場合があるという事のようです。


それでいて、【嫉妬はいけないもの】というイメージが来るものですから、自分自身でそんな自分に自己嫌悪を抱いたり、押さえ込むことでさらに精神的な苦痛を増幅させてしまったりということがあったりするわけです。


嫉妬というのは人が子供の頃には既に始まっていて、例えばずっと一人可愛がられてきた長男や長女が、弟や妹の誕生で親の愛情を奪われた気になって、グズリ始めてしまうというのは実際よくあることだと思います。



しかし、「羨ましい」「私もそうなりたい」といった、嫉妬と同じ様な感情がもとになっている場合でも、嫉妬にはならず「尊敬」「羨望」といった気持ちになることもありますね。


これは、自分とは力がかけ離れは相手には「羨望」になり、自分とさほど変わらないlレベルの相手には「嫉妬」になる。という特徴があるかららしいです。



時にふと、誰かに嫉妬心を抱いていることに気づいた時は、その相手はよきライバルであると+に考えて前向きに捉えるとよろしいのではないかと思います。



無理に感情を抑制することは好ましいことではありませんし、人間として自分と向き合って行くというのは、誰にでも課せられている人生の一つのテーマなのかもしれませんね。

 

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析