忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 禁煙

歯周病の治療と煙草

口内環境と禁煙


こんにちは。

今回も前回までの続きで【煙草】について記事を書こうと思いますが、以前の記事でも書いたように、この禁煙というのは厄介で、最初のピークを乗り越えた当たりから「猛烈な眠気」などに襲われる場合が多くあります。

これもやはり人によっての程度は違うものの、影響が出るのが当たり前で【ニコチン習慣の負の置き土産】とも言える「離脱症状」です。

というのも、人間には普段「感情の起伏等の覚醒と抑制」といった部分をコントロールする「アセチルコリン」という物質が作られているのですが、喫煙時の場合には供給されるニコチンが、そのアセチルコリンとほぼ同等の役割を果たすことから【体が本来持っている筈のアセチルコリン等の覚醒要素を含む神経伝達物質を作り出す能力が著しく低下してしまう】というのが大きな問題になっているようです。

簡単に言うと、いつも煙草を吸っていた時には【無意識にも眠気を催して来た際「ニコチンの覚醒作用」でシャキっとしていた】のに、禁煙をするとそのニコチンが入って来ない。

それで体の方もアセチルコリンを作る能力がなくなっている訳なので、極端な話、眠気を感じたら眠りの底へ落ちて行くしか無くなる訳であります。
これはこの前の記事でも「注意すべきではないか」と書いたのですが、本当に人によっては【ナルコレプシー】を疑う程耐え難い眠気に襲われる場合もあるので、症状の度合いによっては医師などに相談した方がいいかも知れませんね。





まぁしかし、大体の場合はそういった自律神経系の離脱症状というのも、大体禁煙から一ヶ月~3ヶ月で治まっていくパターンが多いと思いますし、自分の場合でも1ヶ月ちょっとくらいの所で「あれ、いつの間にか楽になってる」という感じだったので、これから禁煙にチャレンジするという人は負けずに頑張って欲しいです。
(※自分の例は全て禁煙補助アイテムは一切使わない場合の経過です)

というか、前フリが長くなってしまいましたが、今回のテーマである【歯周病対策と禁煙の関係】について考えて行きたいと思います。





【歯周病の治療を行う上で煙草の禁煙は有効か】


色々と調べてみると、歯科医師などの中でも「私は歯周病の治療を行う患者さんには煙草を吸われる場合は禁煙して貰っている」という方も多いようで、実際喫煙時の口の中というのはヤニが絡んで自分でも不快な感じは生まれ安いですし、歯茎などが変色して腫れっぽくなったり等という状況が起こり安く、まず間違いなく口腔環境としては宜しくないであろうことはわかりますよね。

やはりこう言ったテーマで考えても「そりぁ煙草は止めた方がいいだろう!」というのは当然で、結論から言っても禁煙はやはり有効であると言えるですが、【では何がそんなに煙草が問題なのか】と言うと、それは前回の薄毛の記事と大きく関連している「吸う吸わないでは歯茎の血行/血流状況が全然違う」というのが大きいと思います。

禁煙の経験がある方はもちろん経験上わかると思いますが、時より掲示板等でも「煙草を止めたら歯茎の色が紫からピンクになった」とか「歯茎が腫れていたのが引き締まった」とかいうコメントが残されているのを目にすることがありますね。

これも禁煙によって煙草に抑えられていた血行が改善して体中に血液が効率良く巡るようになり、その結果で「血流と共に歯茎にも十分な栄養が行き渡るようになった」という、この間の記事のデジャブな感じのことを示していて、簡単に言うと、「歯茎の健康状態を維持する為の能力が改善した」ということになります。

そうなると、当然に「口腔内の歯周病に対抗する抵抗力が根本から上昇するので、治療を行う上でもそれが大きな助けになる」というのが、現状の「歯周病と禁煙の関係」だと思います。

それにしても、今回テーマに上げた【歯周病】と前回に上げた【薄毛】というのは、自分の場合は結構「生活の諸問題」としては横並びに考えることがあり、実際この二つの問題は「ケアの仕方も問題点も双方で被る部分がある」為か、同時に問題になりやすい印象もありますし、そういうケースを目や耳にすることも多いですね。

過去にこのブログの中でも【歯周病対策】ということでいくつか着目したことがあって補助アイテム等の紹介も行なっておりますので、そちらの方の記事も気が向いたら参考にして頂けたらと思います。





というか、過去の記事を見ていると今以上にかなり不十分な感じの内容があったりするので、既に所々簡単に手直ししている部分はあるのですが、今後いくらか改訂して回るかも知れません。



【歯周病関連記事】
歯周ポケットの奥まで届く「デントール」電動歯ブラシ


歯周病の場合は特に【症状が表面化して自覚症状が出た段階で、かなり深刻化していることが多い】というのも注意すべき特徴ですので、気になる方は一度自分問題ないのか、歯科医でチェックしてみるのもいいと思います。


PR

薄毛対策と煙草の喫煙/禁煙について

禁煙すると、薄毛が治るか


こんにちは。


今回は前回の記事の続きということで【煙草の禁煙】についての更新を行なって参りたいと思うのですが、しかしこの「禁煙」というのもなかなか手ごわくて、【吸いたくて仕方がない】といった「禁断症状」を乗り越えたところで、今度は「耐え難い不可解な眠気」「常に頭にモヤがかかったような無気力感などと言った内容のの二次的な離脱症状との戦いが待っていたりします。

特にこの「眠気」というのは禁煙に挑戦する上で【最も辛い離脱症状】とも言われるこもあり、急に物凄い眠気を感じて【会話中に寝落ちしたり、大事な会議中に寝落ちしたり】と自分では何とも制御不能な睡眠障害が起きたりということもあるので注意が必要です。

その為に非常に大きく禁煙後の生活に関わることであり、場合によって(車の運転等)危険を伴う場合もあるので、よく叫ばれている「禁煙することのメリット」「禁煙して悪影響は無い」等の話だけでなく、確りと直視しなければならない問題となってきます。

しかし、このことについては本題が埋もれてしまいそうなので、それはまた次に改めて書くとして、まずは今回のタイトルにもある様に【禁煙することで薄毛は改善されるのかどうか】ということにて、考えて行こうと思います。



【煙草を止めるとハゲが治るというのはかなり微妙】


まず、以前にこのブログでも取り扱わせて頂いた【薄毛対策】の情報の中でも書いたように、薄毛の大きいな原因の一つとして「頭皮部分の血行不良」などを上げて来ました。

これは頭皮部分の血の巡りが不良状態になることで「毛を育てる為に必要な栄養が行き渡らない」といった状況になるために、薄毛の症状がすすんでしまうという、現代の【育毛対策】という部分で考えるに当たっては非常に一般的な論です。

では一体何故そのような「頭皮の血行不良」という状態に陥ってしまうのか、これにはかなり複雑な原因が考えられて一概には言えないのですが、【洗髪の不足などによる頭皮環境の悪化】【ストレス】【偏食】【不規則な生活サイクル】などという生活習慣的な原因のものもあれば、このブログでも最も注目している「AGA」(男性型脱毛症)という状況の場合も、この状態に陥ってしまいます。

「AGA」というのは簡単に言うと「男性は体の成長が終わった後も頭部の骨は中年まで成長する」といった性別/遺伝的な特徴が作用して起こる症状で、「体の成長が終了しているにも関わらず、頭頂部の骨が膨張して行く為に、頭皮が突っ張った状態になり血行不良となる」というような話はよく聞かれる説明かと思います。

合わせて時より耳にする「頭頂部をマッサージして皮がよく動く人はハゲないし、頭皮が固まってカチカチの人はどんどんハゲる」みたいなことは、まさに上で書いたような「AGA」の進行度合いを図る、一つの判断基準ということになりますね。


  ↓  ↓  ↓  ↓


それでは、このような【薄毛】の状況に陥ってしまった場合に【禁煙】を行うことで、一体どのような変化が生まれるのかというと、自分の経験も踏まえてまず言えることは

-「マッサージをすると、頭頂部付近の頭皮が喫煙時の時よりもよく動くようになった」

ということです。


これは実感としては、確かに【頭頂部の血流】というのは改善した感覚もあり、その他では「肩こり」「頭痛」などのように同じように血行や血流が大きく關係していると思われる体の慢性的な不調が、禁煙によりかなり改善されました。

実際「自分は頭痛持ちで・・」と思っている人が、実は煙草の影響に過ぎなかったというケースも多いようで、これであれば不足していた血流が復活し、条件が好転することで【薄毛対策】にもかなり禁煙が効果を発揮してくれそうな感じがします。

ただし、「これで治るのか」というとそう一筋縄では行かないのが「薄毛」という問題です。

時に【禁煙欝で髪が抜け落ちた】【禁煙のストレスで一気にハゲた】という声も耳にすることもあり、人によって禁煙の爪痕が残る場合もあるのも実際のようで、そこは「煙草は吸ってもストレス、止める時もストレス」というものであり、禁煙時の精神的な苦しみは間違いなく大きなものなので、余り「ハゲを治す為に禁煙する」という部分では微妙なのかと思います。

ただ、禁煙の方が順調に経過している分には、以下の人には効果が期待るのではないかと思います。


1.確りと普段から「薄毛」を意識した洗髪で、頭皮のケアをしている方。
2.まだ若く、薄毛が気になりだしたのもここ数年内という方。
3.気になって何年も「薄毛対策」をしたのに余り変化が見られなかったという方。



特に3の方、「薄毛」というのは大概気がついて対策を始めるような段階になった場合は、【対策が不十分だった場合は自分にも目に見える速さで進行/悪化する傾向】があると思うので、実はこのある程度まとまった期間実施して「余り変化がなかった」というのは【ある程度薄毛対策(育毛等)のケアが効果を発揮している】状況とも言える場合が多々あります。

そういった所で、頭皮環境に+の要素が加わることで、改善への向かう可能性も期待できるのではないかと個人的には考えています。(特に頭皮などの血行不良とみられる症状が出ていた方)

※自分の感覚を書き忘れていましたが、髪の毛のツヤやハリという部分では間違いなく良くなった感じを受けているので、頭髪の問題にとっても特別ストレスによる影響や「禁煙欝」などの問題が生じたりしていない限りは+な影響を与えてくれると思います。(5/22追加文)





そういったことで、ここまで色々と書いていましたが、総合して「禁煙をすると体調は全体的に良くなってくる」とは思いますのが、「禁煙」というのは決して侮れない一大プロジェクトでもあるので、十分な対策が必要なことには違いはないと思います。

次回はこれもこのブログで過去に特集させて頂いた【歯周病対策と禁煙】という部分で考えて参りたいと思います。



関連記事
育毛シャンプー「リアルラゾンシャンプー」




禁煙と生活について

5月は「禁煙」についての情報を特集しようと思います。


煙草を止める(禁煙)時の主な症状と、経過について


こんにちは。

ここの所、商品などの紹介だけではなかなか更新情報が行き詰まっているところがあるので、5月は「禁煙」についての更新に重点を起きたいと思います。

といっても最近は月に数回ペースの更新になってしまっているで、そんなたいそうなモノではないですが、やはり現代社会としては【禁煙が求めれる傾向】【煙草価格がやたら高い】というのがどうしてもあると思うので、なかなか喫煙される方にとっては悩ましい時代になっていると思います。

もちろん、自分の出す煙が周囲に与える影響ということなども心配して「出来れば止めたい」と考えている方もいらっしゃることでしょう。

そう言ったところで、今回は自分の過去の禁煙経験を元に、このブログでも取り扱わせて頂いている情報と絡めながら煙草の卒煙についての話をさせて頂きたいと思います。



1.禁煙後の経過

まず、「禁煙するとどのような流れで離脱症状が現れるか」ということで、自分の場合の記録をシンプルに記載して行きたいと思います。



 【初日~3日目】
=初日は「禁煙頑張る」という意識も強く、我慢する準備も万端なので、結構余裕がありますが、2日目は朝から「忍耐の時間」になりますね。四六時中に煙草のことを考えてしまって、生活面にやるべき作業にも「それどころじゃない」感じになって、多大な影響を及ぼすことも考えられます。
この最初の3日間というのは最も苦しいピークとよく言われますが、確かに自分の時もこの期間は完全にへばっているような状況だったと思います。



 【4日目~1ヶ月】
=ピークを過ぎて4日目になると、時より「ニコチンが消えて劇的に楽になる」という風な情報を目にすることがありますが、ここは結構個人差がありますので、そこは飽くまで目安として考えるのがいいかも知れません。
自分の時は確かに4日目になってだんだん落ち着いて来たものの、かなり「吸いたいエネルギー」が段階を踏んで緩和していった様に思います。
そして5日目以降は本当に日時が進むにつれて楽になるのですが、「一週間達成」「一ヶ月達成」という初期の節目のタイミングで【これだったらいつでも止められそうだし、一本なら気晴らしに吸ってもいいかな】という達成感と自信からくる余裕が、あの禁煙界では有名な「一本お化け」を生み出す原因になるので、その部分は気をつけた方がいいですね。
また、「ニコチンの禁断症状」からは開放されるものの、「いつもこのタイミングで吸っていた」という食後や休憩時間などの「習慣的な煙草への依存」がここからの主な敵になっていきます。



 【1ヶ月以降~3ヶ月】
まだまだ「吸いたいな」という感情も残る中で、この時期はかなり安定しているという人が多いようです。
ただし、やはりこの「禁煙」のジャンルは個人差が大きく、自分の場合はひと月を少し回った位から「余り煙草について考えなくなる」感じで余裕が出て来たのですが、このタイミングも人によって大きくズレがある様に思います。
目を通した情報で判断すると、大体の場合は2ヶ月~3ヶ月の間に「いつの間にか楽になってた」という段階の変化を感じる人が多いみたいですが、中には「最初からあんまり苦がなく止めた」という人もいるので、なかなか「禁煙」というのも深い問題ですね。
ただし、この頃に注意すべきは「睡眠障害(常に眠い)」「集中障害(常にモヤがかかったようにボーっとする)」などの長期的な離脱症状との戦いが人により大きな障害になって来るということが起こり得るので、その場合は踏ん張りどころになってきます。
禁煙中は「もう煙草のことはあんまり興味がなくなった」という状況になるまでは常に「耐える構え」が必要になってくると思います。



 【それ以降】
その後も暫くは時より来る「吸いたい感じ」は残りますが、ここまで来ると完全に「いや、でも吸わない」という感情の方が上回っているので、さほど苦悩することもなく我慢ができます。また、「一年を経過したあたり」から煙草事態のことを考えなくなって来ますので、この辺りまで来て【それでもやっぱり煙草が吸いたい】という感情がなければ、ほぼ禁煙は成功したものと考えて構わないと思います。
また、そういった感情がまだ残っていたのしても【時間が経過した分だけ楽になって行く】ということをを忘れずに、あとひと頑張りにチャレンジして欲しいと思います。



2.禁煙に向けての作戦

上の文を見ると大体の所で分かって頂けると思うのですが、自分の禁煙方法というのは簡単に言うと【吸いたくなったら、「とにかく黙って耐える」】という余りにも単純なものだったわけですが、これは色々情報を集めても寧ろなかなかいい方法だったのかも知れません。



 【禁煙スタイル】
1.ニコパッチなどのニコチン補充アイテムは使わない(ニコチンを徹底的に抜いて、早期決戦に挑む)
=よくいう「最初の3日間ピーク」というのも、余り小細工や「楽になるアイテム」には頼らなかった場合に当てはまることで、短期的にニコチンと勝負したい場合は「シンプルに耐える」というのは最良の作戦だと思います。
逆に補助アイテムを利用すると、ニコチン摂取状態はキープされるので、【対ニコチン依存】という部分では長期化します。


2.「コーヒーを制限」は個人的にはおすすめ出来ない
=「コーヒーを飲むと煙草が吸いたくなる」というのはありますが、禁煙で何げに一番厄介になってくるのは「異常な眠気」の症状だったりするので、この時にコーヒーの「カフェイン」がかなり効果的にサポートしてくれて、私としては寧ろ「禁煙の為にコーヒー」は必需品な感じはしています。
もちろん、「禁煙直後のイライラを落ち着ける」という効果も期待出来ますし、また、コーヒーを飲んだあとの「吸いたいパワー」は少し過ぎると消え、気がついたら慣れています。
(※この「コーヒーを寧ろ禁煙のお供にする」というやり方は結構やっている人も多いようですね。 上に「慣れている」と書きましったが、こういった【喫煙のタイミング(習慣)の塗り替え】に一つ一つ成功して行くことが禁煙にとっては重要だと思います。)


3.「吸いたい気分になったら数を数える」は禁煙直後の段階では止めた方がいい
=巷でよく言われている「吸いたい気分になったら15秒くらい数を数えると吸いたい気分は消える」という方法ですが、これは禁煙直後の3日間は余り頼らない方がいいと思います。
というのも、これは「喫煙の欲求はジッ耐えれば数十秒で消える」という「喫煙欲の波の周期」を元にした考え方だと思いますが、特に激戦になる「最初の3日」の中ではその周期も次から次へと沸いて出てくるので【ずっと常に吸いたい】状態が頭の中を支配した状態になる為に、自分の場合は殆どその方法では欲求を制御出来ない状況になりました。
もし同じような状態に陥った人は恐らく「話が違うじゃないか!」ということでより精神的に追い詰められることになるので、余りこの方法を知っている人でも「頼りすぎない」心持ちでいた方がいいと思います。





後はやはり最初の一週間くらいは本当に厳しくて「全く他の作業が手につかない」状況に陥ってしまったりするので、禁煙の際は「1週間程度時間をある程度自由に使えるタイミング」で挑戦するのがベストかなと思います。

この前のゴールデンウィークのような長期休暇を利用するのもいいかも知れません。


長くなってしまいましたが、今月はこのまま「禁煙強化月間」ということで、次回からはこのブログで以前から扱っていた【薄毛対策】【美容効果】【歯周病対策】等と禁煙の関連性等について更新していこうかと考えています。

禁煙はなかなか強敵ですが、「これからチャレンジしよう!」という方にはこの一連の記事を参考にしていただけたらと考えています。





関連アイテム


ハビトロール ニコチンガム 2mg フルーツ味 96粒 [海外直送品][並行輸入品]


新品価格
¥3,480から
(2013/5/10 18:21時点)



離煙パイプ


新品価格
¥12,000から
(2013/5/10 18:20時点)



基本は上に書いたように、「ある程度時間を使える期間を選んで、物は使わずに【短期決戦】」というのが一番総合的には楽なんじゃないかと思うのですが、やはり世の中なかなかそううまい具合に行かなくて、「どうしても時間が作れない」「やるべき仕事や作業が忙しくて、あんまり今日辛いのは勘弁!」という方もいらっしゃると思いますので、そういった場合はこのような禁煙アイテムで離脱症状を抑えつつ禁煙に挑むのも必要なんじゃないかと思います。

寧ろ【楽にやめる為】と言うのではなく、そういう日常の中で「集中が途切れる訳には行かない課題や場合、状況」などに【仕方なく頼る】のがこういった「禁煙グッズ」ではないかと考えています。



関連記事
離煙の秋にする為の禁煙プログラム

離煙をサポートする為のホルダーを紹介しています。
ニコチンがもたらす「魔の3日間」をスムーズに回避し、その後の禁煙を成功させる為の土台を作るのに役立つと思います。



        
  • 1
  • 2

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析