忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 美容 > 携帯充電も可能なコードレスヘアアイロン

携帯充電も可能なコードレスヘアアイロン

持ち運べる便利なモバイルヘアアイロン

PREMIS/プレミス



こんにちは。

もうすぐ新年、色々と日常とは違った行事やスケジュールが発生しやすいこの時期ですが、私は【大掃除】に悪戦苦闘しているところです。

また、こうような時には無意識にも披露が蓄積され安く、ただでさえ乾燥やらで髪の毛がパサパサしやすいのに、仕上がりにも何気に大きな悪影響を与えてしまったりするのではないかなぁと思います。


そういったところで、今日は「髪のスタイリング」ということをテーマにして更新を行いたいと思うのですが、かなりユニークな【携帯の充電を行うことが出来る】というヘアアイロンを紹介したいと思います。

モバイルヘアアイロンと称されているものです。





※該当のページのプログラムが終了したようで、リンク切れになっていたので、バナーの取り外し作業を行わせて頂きました。

PREMIS ドールピンク 携帯ヘアアイロン 2Wayカール&ストレート モバイルバッテリ-機能付き 単体モデル

新品価格
¥9,975から
(2013/6/23 00:30時点)

※アマゾンで取り扱われている同クラスアイテム

こちらが該当のページへのバナーリンクです。


今回紹介させて頂くのは12月20日発売の「プレミス」というヘアアイロンで、スタイルとしては充電式のコードレスタイプのものです。


なので、もちろん外へ携行することも可能ですし、使用する際にコンセント周りやコードの長さに縛りつけられる時間を抑えて自由な場所で髪を仕上げることができ、、この冬の季節には温かい場所での利用などという風に特に快適に扱うことができますね。



情報を検索してみると、かなり素早く暖かくなってくれるので、スピーディな利用にも便利で、上にも書いた通り携帯や携帯ゲーム機、スマートフォンといったモバイル機器の充電も可能なので、電話のバッテリーがピンチの時などに応急的に電気を供給したりなどという柔軟な利用もできる訳です。


mode2.jpg
ヘアアイロンとしての機能はストレートとカールの二つのモードで使用可能。


mode1.jpg
指先でレバー式に切り替えが行えるので使い勝手も良好です。






【ヘアアイロンを使用する時の参考例】


やはり熱を扱うものだけに、「髪の毛にダメージを与えてしまう」のではないかというのは、ドライヤーにしろヘアアイロンにしろつきものだと思います。

そういうところで、商品の詳細はバナーの先を是非チェックしてみて頂きたいのですが、ここでは基本的な使用参考例を紹介させて頂こうと思います。


まずシャワーなどを浴びて出てくると、多くの人はタオルで水分を取る「タオルドライ」を行うと思います。

その時によく問題になりやすいのは「水分の取りすぎ」ということのようです。

以前に【入浴後に髪が乾きすぎてた場合は一度シャワーをかけてから乾かし直せ】みたいな情報をキャッチしたことがあるのですが、この髪の毛の「半乾き状態」というのは何かと問題を引き起こし安く、そのままの状態でドライヤーなどを扱うと、水分や潤いを逃してしまい髪に与えるダメージも増してしまうということがあるそうで、注意が必要となってきます。

この場合は「ヘアミスト」などを利用するのが主に推奨されるところのようですね。

後はヘアアイロンを使用する前にはドライヤーで大体の所を乾かして置くというのもポイントのようです。
確かにヘアアイロンだけで乾かすのは相当に髪の毛を痛めてしまいそうなので、洗髪後などの家でガッツリ使う場合は総合的に機器を利用するのが一番みたいです。





本記事に関連するアイテム


ヘアミスト

サロンスタイル トリートメントシャワー B(さらさら) 300ml

新品価格
¥497から
(2012/12/22 13:20時点)



これなどは手頃で内容も充実していて、
容量もタップリサイズなので良さげですね。








PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析