忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 美容 > 肌を痛めずうぶ毛処理!敏感肌用のパック

肌を痛めずうぶ毛処理!敏感肌用のパック

うぶ毛をごっそり処理して保湿する。

もちたま肌パック


こんにちは。

今は雪ではなく雨が降ってますが、寒さは相変わらずでひんやりしています。
風の強さもあってか部屋にいても冷気があちこちに流れている感じです。

そんなところで、まだまだ冬は続きそうではあるのですが、今回は前回の記事とやや関連して【うぶ毛処理】ということをテーマに更新を行ないたいと思います。

掲載するのは塗って剥がすだけでごっそりとうぶ毛を取ることが出来るという「もちたま肌パック」というパック状の美容アイテムで、「パックを剥がす時に痛くて肌が赤くなったりする」ということを抑え、【敏感肌】の人にも安心して使用できるようにと、配慮して作られたのが一つの特徴となっています。


 





(こちらが該当詳細ページへのバナーリンクです。)


まず肌が荒れる大きな要因としては、よくなかなかとれない細かな【肌汚れ】【古い角質】の蓄積というものがあげられますが、これらが原因であらわれる症状としては「毛穴が広がって目立つ」ということが一つ大きな問題としてあります。

これは毛穴に汚れや角質が詰まると、毛穴はそれらをかわそうとして広がって行くことで、結果的に「毛穴の目立つ顔」となってしまう訳なのですが、このもちたま肌パックでは【うぶ毛と共にそういった汚れや角質汚れも一緒に剥ぎ取ってくれる】ので、「美容パック」としてより総合的な効果も発揮してくれるという訳です。

mochitama_p08.jpg
mochitama_p07.jpg

なかなか頑張ってもケアの難しい鼻周りなどは特に荒れやすいですね。
また、よく見ると顔には結構うぶ毛があちらこちらに生えていたりするので、それらを処理するだけでも顔の印象もかなり変わるはずです。

また、上にも書いたような「古い角質の蓄積」というのは、放置していると【角栓】と呼ばれる状態になり、酸化して「肌の黒ずみ」にも繋がるものなので、そういった悪影響の防止効果も同時に期待できるところとなります。


 




mochitama_p10.jpg
こちらがもちたま肌パックの実物イメージです。

薄く伸ばして剥がすだけと使用法は簡単ですが、ここまで述べた美容効果に+して、8種類の保湿成分で使用後もしっとりと肌を潤してくれます。

美容保湿成分8種:ハチミツ、ヒアルロン酸、グリチリチン酸2K、パパイン、アルブミン、牛乳、ローヤルゼリーエキス、加水分解コラーゲン


 



このアイテムは「肌に優しく、痛みがない」というのが一つの売りですが、実際の使用に置いて私が目にした情報では【それでも結構痛い】というものが多かったので、目の周りなどの特に肌が薄く柔らかい部分は余り頑張り過ぎない方がいいかも知れませんね。

やはりしつこい物を剥がすものなので、多少はそういったものは仕方がない部分なのかも知れません。

ただ、「これも肌が赤くなった」などの情報はここまでは特に目にしていませんし、ケアは確り行えているという評価が多いので、商品の信頼性は高いと思います。

※リンク先を覗いて頂くとより詳細な公式の説明を閲覧することができます。
興味のある方は是非一度目を通してみて下さい。




 

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析