忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 育毛・発毛 > 若い時の髪を取り戻そう! 「極匠」

若い時の髪を取り戻そう! 「極匠」

薄毛の克服、スカルプケア、昔の髪の毛の質を取り戻そう!


「極匠」



今日は丁度いいをやや通り越して肌寒くなり、長袖シャツの上に長袖を重ねています。
これから一年の終盤を迎えようかというこの哀愁漂う空気も秋の魅力ですね。

そんな所で今日はこのブログでも以前からちょくちょく更新を行っていた「育毛」のカテゴリーの更新をしたいと考えています。

日々育毛に励んでこられている方も当然大勢いらっしゃいますが、これからの時期はどうしても「この一年で髪の毛に成長がみられたのか?育毛効果はあったか」などと考えてしまう季節(反省会の季節)になります。

そこで、万が一今年も目立った効果が無かったという方に、今回掲載する「極匠」シリーズも一つの情報として抑えておいて頂ければと考え掲載をさせて頂きました。

 



※こちらのプログラムは終了した模様なので、規定によりリンクの取り外しをいたしました。


こちらが今回の紹介する「極匠」のバナーです。


極匠シャンプー トリートメント エッセンス パーフェクトセット あなたの結果にフォーカスする スカルプケア セット

※別口案内:Amazonで確認する。


「極匠シャンプー」は【皮脂の汚れ】を確りと落として、頭皮環境を常にクリーンに保ってくれるシャンプーです。(シャンプーの他にヘアトリートメントや美容液とのセット購入も可能になっています。)


よく「薄毛」だとか「育毛」ということで考えた時に「皮脂事態は直接的な薄毛の原因ではない」とか「皮脂を過剰に取りすぎるのはよくない」ということが言われていて、ごもっともなのですが、ここで間違っていけないのは「【皮脂】を根こそぎ取り除いてしまう」ことと「【皮脂の汚れ】を確りと落としきる」ことの違いになります。


皮脂というのはそれ自体が悪者ではなく、寧ろ頭皮に必要性があって出てきているものですから、ある程度はあったほうがいいものになります。


ただ、問題なのは、「洗い残した皮脂等にたまった汚れ」が毛穴を塞ぎ、血行不良を起こしたり、また頭皮に残った古い角質が過酸化状態になって、頭皮に悪影響を与えてしまったりするので、やはり日頃からのケアというのは絶対的に必要となってくるというのが現状での事実だと思います。

※根強くネットで話題になっている「湯シャン」は、このブログの方針と考えとしては現状推進しない方向でやっています。

シャンプーで頭皮を洗うことでの「皮脂の過剰分泌」について心配される方もいらっしゃることと思いますし、実際に問題になる場合もあるので注意は必要になりますが、「ギトギトになるような状況」でなければまた翌日には(皮脂の悪質化する前)には洗髪を行うことになり、その場合は「洗わないリスク」を超える悪影響はないと思いますので、しっかりと髪を洗ってケアをして行きましょう。(要は薄毛といっても、頭皮の状況は人それぞれなので、臨機応変に観察しながら対処していくのがいいと思います。)







バナーの中を覗くと、公式な説明と利用者の感想などを閲覧することができます。

興味のある方はチェックしてみて下さい。



※一つバナーの中で、流れ図的に商品の利用方法が描かれている部分がありますが、その部分の最初に「ブラッシング」とあります。

当ブログとしては、あのブラッシングというのは「長髪(ロングヘア)の方」にのみの必要性に留まると考えています。

つまりは男性や髪の短い人は行う必要はないということです。

ブラッシングといっても髪に直接触れるものであり、それ自体は髪や頭皮にダメージを与えてしまう可能性のある行為ですので、「長い髪を洗う前に、髪の毛の絡まりを軽くほどいておく」程度に考えておくのがいいと思います。

短い髪の人は確り洗っていればクシを通さなくても問題なく汚れは落ちます。






関連記事
薄毛対策、スカルプケアにリアルラゾンシャンプー
エーススカルプで夏の頭皮ケア

寒さでつい適当になってしまう頭皮ケアに


PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析