忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 防寒対策 > ぬくぬく温かい冬の室内。

ぬくぬく温かい冬の室内。

暖房・体・床と多角度的な防寒対策。


カジュアルこたつ
-Topo-トーポ(丸型)


こんにちは。


ここ数日は日中から夕方のように暗い日が多く、夜も長いのでやや日の光が恋しくなる今日この頃。 すっかり秋も深まり冬も目前という感じになって参りましたが、この秋~冬の季節は「自宅でまったり」というのには非常には最適な時期で、家の中でまったりコタツにでも入りながら没頭する趣味をお持ちの人には熱いシーズンとも言えると思います。

そんなところで今回は【室内で快適に防寒をする】為の情報をいくつか注目してみたので、それらについての掲載をしてきたいと思います。




カジュアルこたつ【-Topo-トーポ(丸型・80cm幅)




上の写真に載っているコタツが今回最初に紹介する【トーポ】というコタツなのですが、円形のテーブルとキュート路線の専用布団が印象的のセット商品となっています。 何だか専用布団の方は見ていると「プディング」「ババロア」みたいなお菓子が好きな人にはお腹(別腹)の空くような佇まいに見えて参ります。



(参考画像:以下画像はクリックで拡大可能です。)


【主な特徴】
1.肌触りと保温性に優れたマイクロファイバーを使用。
2.木目調とホワイトのリバーシブル天板仕様。
3.遠赤外線を効果的に使った日本メーカー製ヒーター。
4.一年間の安心保障対象商品。


まずは【マイクロファイバー】というナイロン・ポリエステル系のきめ細やかな加工技術がもちいられているようですが、これは寝具などにおいて「繊維の極めが細かい方が温かく肌さわりも良好になる」という特徴を発揮した近年の最新毛布などの王道的技術ということが言えると思います。


また、ヒーターはより自分の好みにジャストな調節が可能な【無段階調節】が可能で、従来のハロゲンヒーター(近赤外線)よりも効率的に体を温めることのできる「遠赤外線」技術を採用しているので、およそ半分程度の電力でハロゲンヒーターと同じ程度の暖かさを感じることができるそうです。



※色はテーブル二種、布団二種
計4パターンから選択することが可能です。


高性能なメイドインジャパンのヒーターと保温性に優れたマイクロファイバー布団の組み合わせなので、取り敢えずこのコタツに入っている内は極楽気分を味わえることはほぼ間違いないと思います。





【その他の関連】



※ふわふわシャギーラグ・カーペット


こちらは秋冬の足元を冷気から守ってくれるフワフワ仕様のラグマットとなっていて、現在該当のショップの中で開催されている【グランデセール(秋支度のインテリアマックス70%OFF)】のコーナーの中でコタツ類と一緒にまとめられているようなので、好みの人は確認してみると面白いのではないかと思います。



 


ホットカーペットなどでの使用にも適した185㎝の正方形型のマットで、上のようなコタツの下に敷いて組み合わせるのにも丁度よさそうです。 寝転がりたくなるフワフワ感で¥4860(税込)とお手頃価格で取り扱われています。




※HOT-KUN


こちらも現在ショップで特集で紹介されている¥3348(税込)の【着る毛布】で、室内の中を「毛布を着ながら移動することが出来る」という面白い室内防寒アイテムとなっています。 こちらも上のコタツのようにマイクロファイバー加工が採用されていて、確りと体を包みこみながら「ガウンベルト」で体に確りフィットさせることで、毛布を着ながら簡単な家事をこなすことも可能です。

勿論家でパソコンしたりして椅子に座る場合にも、足や腰元から漂ってく冷気から身を守ってくれますし、家庭の洗濯機で洗うことも可能なので清潔に保ちつつ愛用することも容易になっています。





※その他にもグランデでは関連のコタツ/ラグ・マットなどの情報はもちろん、冬にあると心強いソファや家具全般・インテリアなどの情報も確認することができますので、何かお探しの方は色々探索してみると非常に面白いと思います。





PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析