忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 生活雑貨 > 回転式でクルクル回る、コミックラックタワー

回転式でクルクル回る、コミックラックタワー

マンガ本、CDやDVDなどのバラけやすいものをまとめて収納出来る。

回転コミックラック7段


こんにちは。


今日も蝉の鳴き声と共にまとわりつくような暑さが続いていますが、そういった暑さを一時的に忘れさせてくれるのが「漫画」であったり「ドラマ・映画・アニメ」などの映像作品。そして音楽だったりという、「のめり込んで楽しむことの出来る娯楽」というのが日常的に大きい部分だと思います。

ただ、こういった実用的で細々としたアイテムというのは、コレクションが増えれば増える程バラつき安く、気がつけばバラバラに散らかっていたり、適当につくねたり重ねたりで整理の手が回らずにゴチャッとしてしまいガチだと思います。

また、最近の暑さを考えると余り動きたくもなくなってくるので、尚更物をあちらこちらから「取り出してはしまう」という普通のことも、ついおろそかになってしまうこともあるかも知れません。

そんな所で、今回は【回転式本棚】ということで、7段式のコミックラックについての紹介を行っていこうと思うのですが、これはもちろんマンガコミック意外にもCDサイズのものやDVDなどにも使用することができて「1箇所、縦一本にまとめて収納ができる」という回転タワー式のラックとなっています。

※紹介のアイテムは現在8月20日までの夏の短期セールの実施により
半額以下で取り扱われているようです。





(コミックラック、詳細ページへのリンク画像)


上の写真にあるのが「回転式コミックラック」ですが、まず特徴として最初にあげられるのは「あっと」驚くような優れた収納性能でしょうか。

数百枚規模の漫画本やCD・DVDなどを40cm四方の台の上に一直線に並べることが出来ます。



【収納例】
1.コミック単行本250冊
2.CDケース420枚
3.DVDケース280枚


また円形窓付きのポップなデザインが目を引きますが、このコミックラックは全高にして【167.5cm】にもなり、部屋に置く場合は非常に大きなアクセント効果と存在感を発揮するでしょうし、部屋全体調和によってはインテリア要素も効いた独特でオシャレな空間を演出することも出来ると思います。

回転はもちろん360°回転が可能なので、部屋のどこに置いても便利に使用することが可能で、幅を取らないので【場所を取らず、自分の都合のいい場所に自由に設置でいる】というような「配置の自由度」が高いことも魅力的です。



(この画像はクリックで拡大を行うことが出来ます)


色は「ホワイト・レッド・ブラウン・ピンク」から選ぶことが可能ですが、どれも部屋を飾る色としては落ち着いた色だと思いますので、「自分の部屋に合った色が明確に選びやすい」感じでいいですね。

ただ一つ心配な点は、我々のいる日本は地震大国ですので【こんなに細くて縦長だと地震の時に心配】というのが一つあると思いますし、また、実際そういった話の中で「地震の時は多少揺れる」というような声もあったらしいのですが、今回はその辺りも確りと強化して来たようです。(詳しくは詳細ページに強化点が明記されているので、閲覧の際は合わせてご確認下さい。)




【関連アイテム】

 
同型の回転本棚 5段タイプ
(クリックすると拡大出来ます。)


いやいや、沢山入るといっても【うちには少し大き過ぎる感じがする】という方にはこちらの5段タイプがいいのではないかと思います。

5段タイプは40cm×40cmの台は変わらないのですが、全高が120cmくらいと、結構丁度いいかも知れませんね。




※その他にも、今回のアイテムの取り扱ショップである「グランデ」では、家具全般のアイテムを色々と取り揃えられているので、何かお探しの際は覗いてみて欲しいのですが、今現在8月20日までの短期開催で「7周年夏の大感謝祭」というものが開催されていて、【最大88%OFF】というセールイベントが実施されているので、閲覧のおりには色々見て回ると面白いと思います。
(今回のラックも感謝祭ページから掲載していて、価格は64%OFFの7980円で取り扱われています。)



関連記事
新生活や春の模様替えに楽しいセール



PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析