忍者ブログ

生活、美容、おすすめ情報日記

Home > 育毛・発毛 > INZで頭皮と毛髪両方をケアして、髪を綺麗に育てる。

INZで頭皮と毛髪両方をケアして、髪を綺麗に育てる。

不必要な抜け毛を抑え、髪質を整える。

INZシャンプー


こんにちは。


最近かなりまた天気が荒れていますが、私の周りでも激しい雨が降ったり止んだりしつつ、何気に今日は気温も上がっているようで、蒸し暑い「残暑」に苦しまされている所です。

しかしそれでも季節は確実に進んでいる訳で、これからの「秋・冬」というのは【抜け毛の季節】に突入して行きますので、育毛に励んでいる方や頭皮・毛髪に不安を抱えている方にはやや心配になる時期ということが言えるかも知れません。

そう言った所で、今回は「INZシャンプー」というシャンプーについての紹介をさせて頂こうと思うのですが、このシャンプーは「アミノ酸系シャンプー」ということで、抜け毛を抑え、髪の毛にハリを与えて「美しく育てる」ということが魅力の内容となっています。






(INZシャンプー詳細ページへのバナーリンクです)


この「INZシャンプー」は先日に投稿した「エーススカルプ」と同様に「アミノ酸系/ノンシリコン」という考え方で、リンスの要らない天然シャンプー仕様の作りになっています。

このアミノ酸系というのは、前にも書いたように「低刺激の洗浄力で、頭皮の汚れを適度に洗い流すことができる」という点と、頭皮や毛髪と同じ「弱酸性」なので、中和に必要な「リンス」を必要としないという点が大きな特徴です。

時より「育毛時にはリンスは頭皮に残りやすいので使わない方がいい」という意見も目にしますが、実際市販の通常のシャンプーだとリンス不使用では直ぐに髪質がバサバサと荒れてしまい、逆に症状を悪化させてしまい兼ねません。

そういった時にハナからリンスの要らない「アミノ酸系のシャンプー」であれば、問題なくしっとりと洗い上げることができるという訳です。

この辺りは近年のスカルプケアシャンプーでは主流となる考え方のもので、「エーススカルプ」と重なる部分も多いです。


そしてここからが、このINZシャンプーの更なる大きな特徴となってくるのですが、まだ業界でも新しいと言われている注目成分「ゼイン」を配合していて、この新成分が以下の効果を発揮・促進してくれるということになっています。


【新成分「ゼイン」の効果】
 1.髪のボリューム感アップ
 2.キューティクルの保護
 3.光を美しく反射するツヤを出す
 4.ヘアカラーを長持ちさせる
 5.すべりとクシ通りのよい髪にする
 6.雨でもヘアセットが崩れにくくなる

上の特徴から見ても分かりますが、この成分は主に「髪にハリとツヤを出し、質を高める効果」を発揮するというもので、「アミノ酸系洗浄成分で確りと頭皮をケアして抜け毛を防ぎ、このゼインの効果で保護した髪の毛の方をケアする」というダブルケア構造になっているように思います。



※参考画像ゼインのツヤ向上作用
(クリックで拡大確認することができます)




※INZシャンプーは紹介ページなどでも「男達の」「男の」というようなことが書かれていますが、内容からして男女に分ける理由も特に見受けられず、実際にクチコミを調べても男性女性両方に愛用されているようなので、「男女兼用」ということで紹介させて頂きます。

※また、現在購入者には「シャンプー方法」「頭皮マッサージ方法」の二つの冊子が特典として付いてくるようです。サイト内にも簡単に基本的なシャンプー方などが書かれているうので、そちらの方も閲覧の際は確認してみて下さい。


◇ページ内のシャンプー方法について


・個人的には最初のブラッシングは絡まる程の長さがない場合は不要だと考えています。クシを通す行為も頭皮自体には負担になりかねないので、必要のない場合はやらない方がいいように思います。
・「5.」の頭皮の洗い方は下から上とありますが、まずは「襟足→後頭部」「もみあげ→側頭部」「前髪→頭頂部」という風な順番にやっていくと、全体上手く洗えると思います。



関連記事
オレンジシャンプーについて
寒さでつい適当になってしまう頭皮ケアに音波頭皮ブラシ


PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

ブログ内検索

バーコード

プロフィール

HN:
コリシュマルド
性別:
男性
自己紹介:
記事内とサイドバーの【フリーエリア】に張った広告は、クリック報酬ものではないので、気になったものがあった場合は、お気軽にバナーの中身をチェックしてみて下さい。

アクセス解析